お断り(身元保証人_個人)文例と書き方

お断り(身元保証人_個人)の文例

お断り(身元保証人_個人)文例と書き方-掲載文例/例文はテンプレートとしてそのままWord(ワード),EXEL(エクセル),一太郎/メールにコピーしてご利用いただけます。 文例中に括弧で括られた語句または文章は、ご自身の状況や心情に応じて選択してください。

ΟООΟ 様

拝復
(ご子息/お子様)の就職がお決まりとのこと、心よりお祝い申し上げます。
さて、ご依頼のありました(ご子息/お子様)の身元保証人のことですが、 当方としても色々と思案した結果、誠に申し訳ないのですが(お断り/ご辞退)させていただきたく存じます。 あしからずご了承ください。
又は、
私は(後数年で定年を迎える身です/仕事柄転勤があり、この地にいつまで居れるかもわかりません/ 保証人はいかなる場合もお引受けしないことを信条としております/ まだまだ若輩者であり、そのような重責をお引受けできる力量がございません/ 他ならぬΟΟ様のご依頼であり、お引受けする心積もりでしたが、家族の理解が得られませんでした/その他個別の理由など)。 そのため、この度のご依頼はご(勘弁/容赦/辞退)いたしたく存じます。何とぞ、そのような事情をお察しいただきますよう宜しくお願いいたします。
日頃より、(ご交誼を頂戴そて/ご厚情を頂戴して/親しくして頂いて)おるのにもかかわらず、 お役に立てませんこと、心よりお詫び申し上げます。
つきましては、ご送付いただきました書類は本状に同封して返却いたしますので、ご査収ください。
取り急ぎ、ご依頼の返事まで 。

敬具

平成 年 月 日

ОΟОΟ
〒000-0000
ΟΟ県ΟΟ市Ο丁目Ο-Ο


8月時候の挨拶

[時候の挨拶/結び]

8月上旬
避暑の候
新涼の候
納涼の候

8月中旬
残炎の候
残暑の候
残夏の候

8月下旬
暮夏の候
晩夏の候
向秋の候

ProPortal文例集 homepolicy運営者情報免責事項文例の転載について