人事文書>雇用契約書文例と書き方

雇用契約書文例

雇用契約書文例と書き方-掲載文例/例文はテンプレートとしてそのままWord(ワード),EXEL(エクセル),一太郎/メールにコピーしてご利用いただけます。 文例中に括弧で括られた語句または文章は、ご自身の状況や心情に応じて選択してください。

雇用契約書

1.雇用期間
 1)期間の定めなし
 2)期間の定めあり 平成 年 月 日〜平成 年 月 日まで
2.就業時間等
 1)所定内労働時間 9:00分 から 17:00分 迄
 2)休息 12:00分 から 13:00分 迄
3.休   日
 毎週土曜・日曜/祝日及び会社が指定する休日
4.有給休暇
 初年度年Ο日次年度以降20日を上限として毎年1日加算
5.就業の場所
 本社(ΟΟ県ΟΟ市ΟΟ)
6.業務の内容
 営業及び附帯業務
7.賃 金
 1)基本給月額 ОΟОΟ円
 2)諸手当
   交通費 ОΟОΟ円
   家族手当 ОΟОΟ円
   休日手当  25%増
   時間外手当 25%増
   深夜間手当 35%増
 3)所定外労働の有無 時間外労働、休日労働あり
   4)支払時控除 法定控除、互助会費
 5)支払い日 月末日
 6)締め日 月25日
 7)支払い方法 銀行振り込み
 8)昇給 年1回
 9)賞与 会社及び本人の業績を勘案し原則年2回
8.福利厚生 (厚生年金、健康保険、雇用保険)に加入
9.退職に関する事項
 退職を希望する場合、少なくとも2週間前までに申し出ること。
 
 平成  年  月  日
 
          雇用主  住所           
               氏名          印
 
          被雇用者 住所           
               氏名          印

以 上

雇用契約書に記載す事項について

労働基準法は、使用者が雇用契約の締結に際し、労働者に対して労働条件の明示を義務づけています。その内容は、労働基準法施行規則第5条に規定されています。
 
第5条  使用者が法第15条第1項 前段の規定により労働者に対して明示しなければならない労働条件は、次に掲げるものとする。
ただし、第4号の2から第11号までに掲げる事項については、使用者がこれらに関する定めをしない場合においては、この限りでない。
1  労働契約の期間に関する事項
1の2  就業の場所及び従事すべき業務に関する事項
2  始業及び終業の時刻、所定労働時間を超える労働の有無、休憩時間、休日、休暇並びに労働者を二組以上に分けて就業させる場合における就業時転換に関する事項
3  賃金(退職手当及び第5号に規定する賃金を除く。以下この号において同じ。)の決定、計算及び支払の方法、賃金の締切り及び支払の時期並びに昇給に関する事項
4  退職に関する事項
4の2  退職手当の定めが適用される労働者の範囲、退職手当の決定、計算及び支払の方法並びに退職手当の支払の時期に関する事項
5  臨時に支払われる賃金(退職手当を除く。)、賞与及び第8条各号に掲げる賃金並びに最低賃金額に関する事項
6  労働者に負担させるべき食費、作業用品その他に関する事項
7  安全及び衛生に関する事項
8  職業訓練に関する事項
9  災害補償及び業務外の傷病扶助に関する事項
10  表彰及び制裁に関する事項
11  休職に関する事項
上記の1〜4号までは、労働者に必ず明示しなければならない事項で、4の2から11号までに掲げる事項は 使用者がこの定めをする場合にだけ明示しなければならない事項です。これらの事項をもらさず記載することが求められますが、 詳細な契約事項は、就業規則に準じるとすることができます。就業規則が未整備の場合は、詳細に記載する必要がありまあす。
参考:労働基準法
参考:労働基準法施行規則

Posted: 2/9/2007

人事文書文例と書き方

各種人事文書の文例と書き方一覧と人事文書関連コンテンツです。

人事文書文例一覧

6月季節/時候の挨拶

6月時候の挨拶 [詳細:時候の挨拶と結びをご参照ください。)
6月上旬 (入梅/薄暑/麦秋)の(候/みぎり)
6月中旬 (梅雨/長雨/短夜)の(候/みぎり)
6月下旬 (梅雨晴れ/初夏/向暑)の(候/みぎり)
ProPortal文例集 homepolicy運営者情報免責事項文例の転載について