裁判員候補者選任届メール 書き方と文例/書式

裁判員候補者選任届メール 書き方と文例/書式-掲載された文例や書式、tンプレートは、コピー&ペーストして利用いただけます。 当サイトでは、書き方の説明を加えてあるものや文例/例文の中に書き換え語句や文章を挿入している場合もあります。それらを参考にして状況に応じて適宜、変更してご利用ください。

裁判員候補者選任届 メール文例


件名:(裁判員候補者選任届/裁判員候補者選任の報告/裁判員候補者選任の件)


(ΟΟ部長/人事課長/総務部長)殿
 
(お疲れ様です。)(ОΟ部/ΟΟ)のОΟです。
または
(裁判員候補者選任届/裁判員候補者選任の報告/裁判員候補者選任の件)です。
 
この度、裁判員候補者に選任されましたことを以下のとおり(お届け/報告)いたします。
 
または
 
標題の件、以下のとおり裁判員候補者に選任された旨、ОΟ地方裁判所より通知がありましたので(お届け/ご報告)いたします。
 
------------記------------
 
1.所属
 ΟΟ部ΟΟ課 ΟΟΟΟ
2.選任期間
 令和Ο年Ο月Ο日〜令和О年О月О日
3.管轄裁判所
 ОΟ地方裁判所
4.提出書類
 裁判員候補者選任通知(写し)
 
備 考
(例)
 裁判への参加期日は概О週間前に分かり、裁判員に選任されると最低でもО日は裁判所へ行く必要がありますので、ご配慮の程よろしくお願いいたします。
 
*************************
      署名
*************************

 本届出は「裁判員候補者」となった旨の通知があった場合提出するものです。この時点では、まだ実際に裁判員若しくは裁判員候補者として職務があるかはわかりませんが、その旨把握だけはしておくののがよいと思われます。
 会社は、労働基準法第7条で「公の職務を執行することを拒んではならない」ため、裁判員若しくは候補者に選任された者にその執行に必要な時間を付与しなければなりまません。
また、裁判員法第101条1項で裁判員若しくは候補者は、その個人を特定するに足りる情報を”公に”してはいけませんが、会社にその旨を届けることは、「公に」するにはあたらないと考えられます。 そのため、届出書は機密文書指定し、上司、庶務担当、人事部などそのことを知り得る者にも守秘義務を課すのがよいでしょう。

- ▼ をクリックで表示/非表示切替 -

裁判員候補者休業届 メール文例 ▼

裁判員候補者終了届 メール文例 ▼

裁判員候補者選任届 文例/書式/テンプレート ▼

裁判員候補者休業届 文例/書式/テンプレート ▼

裁判員/候補者職務終了届 文例/書式/テンプレート ▼

関連文例&コンテンツ

文例一覧policy運営者情報免責事項文例の転載について