育児時間短縮勤務許可通知文例と書き方

育児時間短縮勤務許可通知文例

育児時間短縮勤務許可通知例文/文例と書き方-掲載されたビジネスメール、ビジネス文書、手紙の文例/例文はテンプレートとしてコピー&ペーストして利用いただけます。 文章は、社内か客先宛など様々な状況で書き方が異なり、状況や目的に一致する文例を提供できません。そのため当サイトの文例又は例文には文章作成の一助として多数の書き換え語句や文章を挿入してあります。状況や心情に応じて選択してご利用ください。

ОΟОΟ 様

平成  年  月  日
人事部長 ΟООΟ

育児時間短縮勤務許可通知

貴殿より申請がありました育児時間短縮勤務願につきまして検討した結果、育児時間短縮勤務を許可することとなりましたのでここに通知します。 育児時間短縮勤務に関する要綱は、育児・介護法の規定に従い下記のとおりとなります 。

1.育児時間短縮勤務期間
 
     平成Ο年Ο月Ο日〜平成Ο年Ο月Ο日
     (養育する子の満3歳の誕生日の前日まで)
 
2.養育する子の氏名・続柄
     ОΟОΟ 実子(長男)
 
3.育児期間の所定労働時間
 
     始業時間 9:30 〜 終業時間 16:30
 
尚、本件の問い合わせは人事部 ОΟ(03-1234-5678)まで 。

以 上

育児のための時間短縮勤務について
育児・育児法によれば、事業主は3歳未満の子を養育を行う労働者について勤務時間の短縮などの措置を講じなければなりません。
 
育児のための勤務時間の短縮等の措置とは
1.短時間勤務制度
1) 1日の所定労働時間を短縮する制度
2) 週又は月の所定労働時間を短縮する制度
3) 週又は月の所定労働日数を短縮する制度(隔日勤務、特定の曜日のみの勤務等の制度をいいます。)
4) 労働者が個々に勤務しない日又は時間を請求することを認める制度
2.フレックスタイム制
3.始業・終業時刻の繰上げ・繰下げ
4.所定外労働をさせない制度
5.託児施設の設置運営その他これに準ずる便宜の供与
 
なお、3歳から小学校に入学するまでの子を育てる労働者については、上記の勤務時間の短縮等の措置を講ずることが、事業主の努力義務とされています。

Posted: 2/9/2007

【表記方法について】
本サイトでは、手紙、はがきやビジネス文書等の紙ベースの文例又は例文は【ОΟ文例/例文】、メールは【ОΟメール文例/例文】と表記されています。また、ビジネス文書は、【ビジネス ОΟ文例/例文】、雛形は【ОΟ書式】と表記しています。

関連文例&コンテンツ

ProPortal文例集 homepolicy運営者情報免責事項文例の転載について