学校宛_喫煙の反省_念書文例と書き方

学校宛_喫煙の反省_念書文例

学校宛_喫煙の反省_念書の文例と書き方-掲載文例/例文はテンプレートとしてそのままWord(ワード),EXEL(エクセル),一太郎/メールにコピーしてご利用いただけます。 文例中に括弧で括られた語句または文章は、ご自身の状況や心情に応じて選択してください。

ΟΟ(高等学校/専門学校)
校長 ΟООΟ(殿/様)

念 書

私は、友人(○名/等)ともに(校内で/部室で/○○で)(喫煙いたしました)。
または
私は、○月○日(○時/深夜)、(友人(○名/等)ともに/が一人)で(公園/コンビニの前/駅/○○)で喫煙しているところを(巡回中の(補導員/警察)/店より通報を受けた警察)に発見され、(先生方/担任の○○先生をはじめ多くの皆様)に多大なご迷惑をおかけしました。
 
今回(発覚した校内での喫煙は/の喫煙による補導は)、(私の認識の甘さ/自己本位の軽率な行為/分別の欠いた行為で)あり、(深く反省するいた/今更ながら今更ながら後悔するとともに深く反省いた)しております。
または
(友人/先輩)に誘われ(るがままに喫煙してしまった/るまま軽い気持ち喫煙した/て断りきれずに喫煙した)とはいえ、(その誘いを断れなかったことを今更ながら後悔するとともに/全くもって軽率な行動だったと)深く反省をいたしております。
または
前回喫煙が発覚してから二度と喫煙しないとお誓いしたにもかかわらず、再度喫煙してしまい(先生方には申し訳なく思うとともに(後悔の念で一杯です/今度こそは心から反省してます)/自身の意志の弱さを恥じるばかりです)。
 
つきましては、二度と喫煙しない(ことを念書をもってお誓いします/とお誓いする証に念書を提出いたします) 。
または
今後一切喫煙しないことをお誓いし、万が一にも今後再度喫煙した場合は、(退学処分をおうけしても不服を申しません/厳しい(ご処分/処置)をお受けすします)。
 
(保護者と連名の場合)
この度の喫煙発覚につき、今後一切喫煙しないことを誓う証として念書を保護者並びに本人と連名で提出いたします。

平成Ο年Ο月Ο日

          (○年○組/○○学部○年/学籍番号)
          氏名 ΟОΟΟ 印
          (保護者等氏名 ΟОΟΟ 印)
          (自署/記名/捺印)


8月時候の挨拶

[時候の挨拶/結び]

8月上旬
避暑の候
新涼の候
納涼の候

8月中旬
残炎の候
残暑の候
残夏の候

8月下旬
暮夏の候
晩夏の候
向秋の候

念書文例と書き方

各種念書の文例と書き方一覧と念書関連コンテンツです。

念書文例一覧

ProPortal文例集 homepolicy運営者情報免責事項文例の転載について