慰謝料(支払確約/再遅延しない誓い)_念書文例と書き方

慰謝料(支払確約/再遅延しない誓い)_念書文例

慰謝料(支払確約/再遅延しない誓い)_念書の文例と書き方-掲載文例/例文はテンプレートとしてそのままWord(ワード),EXEL(エクセル),一太郎/メールにコピーしてご利用いただけます。 文例中に括弧で括られた語句または文章は、ご自身の状況や心情に応じて選択してください。

ООΟО 様

念 書

(離婚前に慰謝料の支払い)
私は(妻/夫)○○との(離婚/(婚姻/内縁)関係の解消)に際し、(私の(不貞行為/浮気)が(この度の離婚/(婚姻/事実婚/内縁関係)の解消)に至った原因であることを認め/私が(妻/夫)○○へ(精神的/肉体的)苦痛を与えたことを認め)、下記のとおり(慰謝料を支払うことを確約します/の慰謝料を支払う証としてここに念書を差し入れます)。
または
この度は私の(不貞行為/浮気)により、(○○(さん/様)に/あなたに)(大変なご迷惑をおかけ/精神的な苦痛を与えて)しまいましたこと、深くお詫び(いたします/します)ともに(このような事態を招いた(ことにつき/ことの償いとして)/(離婚/(婚姻/事実婚/内縁関係)の解消)に際して)、下記のとおり(慰謝料を支払うことを確約します/の慰謝料を支払う証としてここに念書を差し入れます)。
 
(慰謝料の支払い遅延の場合)
私は、元(妻/夫)○○との(離婚/(婚姻/事実婚/内縁関係)の解消)に際し、取り決めた慰謝料(の一部を滞納している/の内○月迄の分0000円につき支払い義務がある/の支払いを怠った)ことを認め、(速やかに/○月末に/下記のとおり)支払うことを確約いたしますとともに(二度と支払い(を遅延させ/を怠ら)ないことを/再び支払い期日を遅れた場合、期限の利益を喪失し、残額を直ちに支払うことを)誓う証としてここに念書を差し入れます。
または
(離婚/(婚姻/事実婚/内縁関係)の解消)に際し、取り決めた慰謝料の支払いが(遅延/遅れ)してしまい、深くお詫び(申し上げます/いたします)。
つきましては、(残金に関しては絶対に/今後二度と)支払いを(遅延/怠らない)ことを念書をもってお誓いいたします。

一括払いの場合
1)支払期日  平成○年○月○日
2)金額    \000,000円
3)支払方法  (指定口座への振込み/持参)
 
分割払いの場合
1)支払期日と金額
 第1回目支払期日/金額  20**年○月○日 / 0000円
 第2回目支払期日/金額  20**年○月○日 / 0000円
 第3回目支払期日/金額  20**年○月○日 / 0000円
2)振込先口座の表示
【銀行名/支店】○○銀行○○支店
【口座種類】普通
【口座番号】000000000
【口座名義人】○○○○

平成Ο年Ο月Ο日

          住所 東京都ΟΟ区Ο番Ο号
          氏名 ΟОΟΟ 印
          (自署又は記名/捺印)


12月時候の挨拶

[時候の挨拶/結び]

12月上旬
師走の候
初冬の候
季冬の候

12月中旬
霜寒の候
寒気の候
激寒の候

12月下旬
忙月の候
歳末の候
歳晩の候

念書文例と書き方

各種念書の文例と書き方一覧と念書関連コンテンツです。

念書文例一覧

ProPortal文例集 homepolicy運営者情報免責事項文例の転載について