学校宛_SNS不適切投稿の反省 念書文例と書き方

学校宛_SNS不適切投稿の反省 念書文例

学校宛_SNS不適切投稿の反省 念書例文/文例と書き方-掲載されたビジネスメール、ビジネス文書、手紙の文例/例文はテンプレートとしてコピー&ペーストして利用いただけます。 文章は、社内か客先宛など様々な状況で書き方が異なり、状況や目的に一致する文例を提供できません。そのため当サイトの文例又は例文には文章作成の一助として多数の書き換え語句や文章を挿入してあります。状況や心情に応じて選択してご利用ください。

ΟΟ(高等学校/中学校/専門学校/大学)
(校長/ΟΟ学部長) ΟООΟ(殿/様)

念 書

私は、(同級生/同クラス/同校)のОΟ君に対して(学校闇サイトなるもので/ネットの掲示板を介して/SNSで/携帯メールで)(誹謗中傷/悪口を再三にわたり送信/いじめととられても仕方がないことを)して、ОΟ(さん/君)に(とても(いや/不愉快)な思いをさせて/迷惑かけて)しまいました。
または
私は、自身の(Facebook/Twitter/管理するブログ/ΟΟ)のアカウントで(ОΟ店を誹謗、中傷する投稿/ΟΟにて悪ふざけをした写真を投稿/(ОΟ社/ΟΟさん)に関して(誠に/甚だ)(不適切)な発言/アルバイト中の不適切な行動を撮影してそれを投稿/ΟΟさん(を不愉快にする/に不快な思いをさせる)投稿/学校の信用を失墜しかねない投稿)をしてしまいました。
 
(その時は/最初は)、(遊びのつもりでしたが/悪気はなかったのですが)、ОΟ(君/さん)(ついついそれがエスカレートしていってしまい/に不快な思いをさせていたことを知り)、今では後悔とともに深く反省をいたしております。
または
投稿は、(何気ない気持ちで/これくらいなら問題ないだろうと思いで/匿名なので誰が投稿したかわからないと思い/一時的な感情の高ぶりを抑制できなくて)(しました/なしたことであります)が、(考えが足りなかったと/よくよく考えるとなんであのようなことを書いたのか今更ながら/自分自身の考えの浅はかさを思い知り)深く反省しています。
または
今回自分がしたことは、仲間はずれになるのが怖くてそれに加わったこととはいえ、(決して許されないことであり/軽率な行為であり)、ОΟ(君/さん)に対して心からお詫びするとともに深く反省しています。
 
今回あのような(ことをしない/人を傷つけることをしない/軽率な(発言/投稿)をしない)ことを誓い、念書を提出します。
または
二度とОΟ(社に関する/(君/さん)に対する/ΟΟについて)(誹謗中傷を/発言/投稿)しない(ことを念書をもって誓いします/と誓う証に念書を提出いたします) 。
 
(保護者と連名の場合)
つきましては、二度と(学校に迷惑をかけることを/不適切な投稿をしない)しないことをお誓いする証として念書を本人並びに保護者と連名で提出いたします。

平成Ο年Ο月Ο日

          (О年О組/ΟΟ学部О年/学籍番号)
          氏名 ΟОΟΟ 印
          (保護者等氏名 ΟОΟΟ 印)
          (自署/記名/捺印)

【表記方法について】
本サイトでは、手紙、はがきやビジネス文書等の紙ベースの文例又は例文は【ОΟ文例/例文】、メールは【ОΟメール文例/例文】と表記されています。また、ビジネス文書は、【ビジネス ОΟ文例/例文】、雛形は【ОΟ書式】と表記しています。

関連文例&コンテンツ

ProPortal文例集 homepolicy運営者情報免責事項文例の転載について