文例集HOME> ビジネス文書> 委任状> 印鑑証明/登録委任状

印鑑証明/登録の委任状文例と書き方

印鑑証明/登録の委任状

印鑑証明/登録委任状文例と書き方-掲載文例/例文はテンプレートとしてそのままWord(ワード),EXEL(エクセル),一太郎/メールにコピーしてご利用いただけます。 文例中に括弧で括られた語句または文章は、ご自身の状況や心情に応じて選択してください。

ОΟО市長(町長、村長) 殿

委任状

私は、以下の者を代理人に定め、下記の権限を委任いたします。
 
    代理人
      住  所
      ふりがな
      氏  名
      生年月日
      委任者との関係 (      )

 印鑑登録申請の権限
 回答書の提出及び印鑑登録証受領の権限
 印鑑登録証亡失届出の権限
 印鑑登録廃止申請の権限
 印鑑登録証引替交付申請及び受領の権限
*該当する事項を記載する。
 
平成  年  月  日
 
    委任者
      住  所
      ふりがな
      氏  名              印
(自署・実印による捺印。紛失(廃止届)の場合は認印)
      生年月日

カスタム検索

委任状の書き方

印鑑登録に関する申請の委任状は、本人からの申請以外は必要です。例え、親族でも必要です。
上述の内容を全て記載しておけば、委任状としては用は足ります。 しかし、市町村によって全て自署のところがありますので、署名以外ワープロ文書でかまわないか確認するか、全て本人に書いてもらうかしてください。
印鑑登録等に関する手続きは、過ちがあると本人の財産に直接影響するものなので大変厳格です。代理人になる方もその事を 十分に認識して誤りのないようしてください。
各種手続きに必要なものは、代理人は、免許証や健康保険証など本人を確認する書類ですが、その他、申請人の本人確認書類や保証書など 必要な場合がありますので、役所に確認するのがよいでしょう。
なお、印鑑登録証明書(俗に印鑑証明)の受領に関して代理人が受領する場合、委任状は不要です。 代理人が印鑑証明を受領するには、本人から印鑑登録証(印鑑カード)を預かっていき、役所にある申請書に必要事項を記載すればことたります。 しかし、本人の氏名、住所、生年月日等の記載に誤りがあると交付されませんので注意してください。

Posted: 2007 - Updated: 10/5/2007

委任状文例と書き方

各種委任状の文例と書き方一覧と 委任状関連コンテンツです。

6月季節/時候の挨拶と季節の文例

6月時候の挨拶 [詳細:挨拶と結びを参照]
6月上旬 (入梅/薄暑/麦秋)の(候/みぎり)
6月中旬 (梅雨/長雨/短夜)の(候/みぎり)
6月下旬 (梅雨晴れ/初夏/向暑)の(候/みぎり)
6月を感じる言葉
季節の語-梅雨/入梅/梅雨の晴れ間/衣替え/長雨/夏至/短夜
草木-紫陽花/花菖蒲/水芭蕉/月見草/露草/カラー
6月を感じる言葉
-季節の語-
梅雨/入梅/梅雨の晴れ間/衣替え/長雨/夏至/短夜
-草木-
草木-紫陽花/花菖蒲/水芭蕉/月見草/露草/カラー
6月_季節の文例
1.クールビズ時の服装
2.省エネの徹底-夏
3.父の日_送り状
4.お中元関連
5.社長就任_挨拶状
6.議事録_代表取締役等選任
7.株主総会_委任状
8.役員就任_挨拶状
9.採用内定通知
10.不採用通知書
11.採用試験_案内