宿泊依頼 断り状文書/メール 文例,例文,書き方

宿泊依頼 断り状文書/メール 文例,例文,書き方-当サイトの文例/例文や書式、テンプレート等は、コピー&べーストして使用にただけます。 その多くの文例,例文には、書き換えの語句や意味合いの違う文章が入っています。ご自分の実状や心境に合った表現を選択や変更してご利用ください。

宿泊依頼 断りメール 文例(友人)


件名:(宿泊の件/О日の件/すままいО日は泊められないよ/ごめん、О日泊められなくなったよ/RE:ОΟの件)


ΟООΟ (君へ/さん)
 
(ОΟ/ΟΟのОΟ)です。
 
(さて/早速だけど)、(メールの件/宿泊のこと/電話もらった件/この前頼まれてたこと)だけど、(すまないが/悪いけど)、(そのの日は/あいにくその日は)駄目なんだ/都合悪いんだ/泊められ/ないんだ)。
または
О日に泊めて欲しいとのことだけど、その日は駄目なんだ。
(すまん/ごめん)。
または
今回は、この前頼まれたО日に泊まらせて欲しいとのこと(についての/の返事で)メールしました。
または
ОΟ(君/さん)、О日家に(泊まりたい/に宿泊させて欲しい)とのことだけど、(泊められせそうもないよ/泊められなくなったんだ)。
 
(実は/あいにく/悪いことに)、О日(は出張が入ってて俺がいないんだ/は、ОΟで駄目なんだ)
または
(俺のアパートに泊めることだけど、実は/この前は軽い気持で泊めてやるといったけど)、(よくよく考えたらОΟで/妻にいったら反対されてね、)泊めてあげられないんだ。(本当にすまないね/期待させてごめんなさい)。
または
О日に(泊めてあげる約束/家で飲み明かそうと言ってた)ことだけど、(すまない/申し訳ない)が、あの後、家に帰って(嫁/夫)に(あなた/君)を泊めることを言ったら(子供がまだ小さい/翌日、仕事が速い/自分がいない)からだめだと言うん(です/だよ)。(ご他聞に漏らず僕も嫁の尻に敷かれていて/僕には全く発言件がなくて/嫁は絶対なんで/亭主関白なんで)(今回ばかりは、勘弁して(くれな/欲しいんだ/くださいね)/泊めてあげられないんだ。ごめんなさい)。
 
(遠くから来てくれるのに/期待させてしまって/友だち甲斐のないことで)(すまない/悪いと思ってます)が、(これに懲りずにまた連絡くれな/機会があれば泊まりにきてくくれな)。
または
(今回は、駄目だけど、(次回/タイミングがよければ、僕の方)は大丈夫だから(泊まりにきて/これからもまた連絡してね)。
 
О日泊まることの返事まで。
または
またの機会を楽しみにしておきます。
または
それでは、また。
 
*************************
      署名
*************************

子供の宿泊の依頼 断りメール 文例(親戚宛)


件名:(ОΟ君宿泊の件/メールをいただいた件のお返事/ご依頼のありましたОΟのお返事/RE:ОΟの件)


ΟООΟ 様
 
ОΟのОΟです。
 
(ОΟ(さん/君)/叔父様/叔母様)(のところにはなかなか(行けない/お伺いもでき)ませんで/にはご無沙汰ばかりで)申し訳ございません。
または
日頃は、何(何かとお気遣いいただきありがとうございます/お世話になっております)。
または
(ОΟ(さん/君)/叔父様/叔母様)(のところは皆さん元気にしているとのことで安心しました/、お元気にされているようで何よりです)。
または
この度(メール/ご連絡)しましたのは、(他でもありません/先日お願いされました/メールをいただいた)ОΟ君の宿泊(の件/のこと)です。
または
ОΟ(君/さん)が、(こちらの大学を受験する/来年には、ОΟを卒業する)とのことですが、も(立派になられたのだと、私たちも嬉しく思っています/うそんな年齢になったんだと時の流れての速さを感じています)。
 
(さて/早速ではありますが)、(ОΟ君の宿泊の/お願いされた)ことが、(他ならぬ/何かとお世話になっている)(ΟΟさん/叔父様/叔母様)のお願いですからお引き受けしなければならないのですが、実は、(今妻が入院しおておりまして/母が体調を崩していて介護をしているもので/ΟΟで)申し訳ないことではありますがΟΟ君をお泊めすることがかないません。
または
さて、(ご依頼の件/お願いされまたいΟΟさんの宿泊のことですが)、(あいにく/申し訳ないのですが、)(たまたまその日は出張で不在にしておりまして/ΟΟで)ОΟ君を泊めてあげられないのです。
または
メールのことですが、ОΟ(君/さん)は子供の頃から知っていているので泊めてあげたいのですが、(長男がまだО才で夜鳴きをしたりするので、受験前に睡眠不足になるやもしれません/男の一人暮らしで何もしてあげられない/ΟΟが入院していて妻は毎日病院へ行く日々です)ので、申し訳ありませんが今回は(ご勘弁ください/事情を斟酌いたけ)ますようお願い申し上げます。
または
お電話でもお話しましたとおり、(夫が急に体調を崩して寝込んでしまいまして当日、急にОΟへ行く予定となりまして)、急きょОΟ君を泊めることができなくなりました。(お泊めすると申していたにも/期待されていたにもか)かわらず、このようなこと(になりましたこと、改めてお詫び申し上げます/になってお気を悪くしてないかと案じて、改めてお詫び申しげた次第です)。
 
事情を(ご理解/斟酌)いただきまして(ΟΟ様/叔父様/叔母様)にはお気を悪くなさいませんようお願いいたします。
または
(ΟΟ様/叔父様/叔母様)には、日頃からお世話になっているのにもかかわらず、(不義理/恩知らず)なことをしてしまいますが、どうかご勘弁いただきますようお願い申し上げます。
または
(私の事情でご期待にお応えできなく申し訳ないのです/ΟΟ君をお泊めできないのは心苦しいのではあります)が、(ΟΟ様/叔父様/叔母様)にはお気を悪くなさいませんしょうお願いいたします。
 
(改めまして/取り急ぎ、)先日のお返事を申し上げた次第です。
または
失礼ながらメールにて先日のお返事まで申し上げます。
または
末筆ではありますが、(皆様のご健康/ΟΟ(君/さん)の合格)をお祈り申し上げます。
 
*************************
      署名
*************************

宿泊お願いへの丁寧なお断り 文例(友人宛)

(冠省/前略) (今回/今日)は、(本当に申し訳ないことで(メール/お便り)しました/この前頼まれたО日に泊まらせて欲しいとのこと(についての/の返事で)メールしました)。
または
ОΟ(君/さん)、(メール/電話)もらったО日(に我が家に(泊まる/来る予定)/の宿泊)のことだけど、(申し訳ない/こないだは泊めてあげるといった)が、(泊められせそうもないよ/泊められなくなったんだ)。
 
実は、(その話をした後、よくよく考えたらその日僕が出張するのを思い出したんだ/ちょうどその日、(ОΟが泊まる/ΟΟの)予定が(あったみたいな/ある)んだ)。(期待させてすまない/泊めるといっておきながら)(申し訳ない/すまない)けど、今回は(勘弁してくれな/他を当たってください)。
または
О日に(泊めてあげる約束/家で飲み明かそうと言ってた)ことだけど、(すまない/申し訳ない)が、あの後、家に帰って(嫁/夫)に(あなた/君)を泊めることを言ったら(子供がまだ小さい/翌日、仕事が速い/自分がいない)からだめだと言うん(です/だよ)。(ご他聞に漏らず僕も嫁の尻に敷かれていて/僕には全く発言件がなくて/嫁は絶対なんで/亭主関白なんで)(今回ばかりは、勘弁して(くれな/欲しいんだ/くださいね)/泊めてあげられないんだ。ごめんなさい)。
 
(わざわざ遠方から来てくれるのに役に立てなくて/期待させてしまって/友だち甲斐のないことで)(君には(申し訳ない気持ちで一杯です/悪いと思ってます)/(申し訳ないけど/悪気はなかったから)気を悪くしないでね/申し訳ないが、どうか許してくれな)。(今度/タイミングがよければ、僕の方)は大丈夫だから(泊まりにきて/これからもまた連絡してね)。
または
(君が困っているのに泊めてあげられなくて/君にはこの前も泊めてもらっておきながら/ΟΟさんにはいろいろお世話になってるのに役に立てなくて)申し訳ないけど(今回だけは/こればかりは)(どうしてもだめ/無理)なんだ。(それだけは分かってください/信じてね/どうか、勘弁してくださいね)。
または
(今回は、君のお願いをきけない/友だち甲斐のないことをする)のを(申し訳ない気持ちで一杯です/すまないと思ってるよ/悪いと思うよ)。(気を悪くしないで/これに懲りないで/そして)、(また/これからも)(連絡してね/泊まりにきてね)。
 
О日泊まることの返事とお詫びまで。
または
またの機会を楽しみにしておきます。

早々/敬具

令和Ο年Ο月Ο日

ΟООΟ

ΟООΟ (君へ/さん)

宿泊お願いへの丁寧なお断り 文例(目上の方宛)

拝啓 ОΟの候、ΟΟ様には益々ご(健勝/壮健)のこととお慶び申し上げます。
(さて/早速ではありますが)・・・・・
 
または
 
(冠省/前略) この度(メール/お便り)しましたのは、(先日/先般)(お電話で/お会いして)(結婚式/ΟΟ)で当地にいらっしゃる際に(我が家/拙宅)へご宿泊いただくことにしておりましたことです。
または
この度、(メール/お便り)しましたのは、先日(お聞きした当家での宿泊/お電話をいただいた件)のお返事です。
または
ΟΟさん、我が家にお泊りいただ(けなく/くことが急にできなく)なりましたこと、改めてお詫び申し上げます。
または
ΟΟさん、先日は(期待させて/お約束したのに)我が家にお泊めできなりましたこと、本当に申し訳ございませんでした。
または
この度は、先日の(お願いをお聞きできませんでした/お電話でお伺いしたことにお応えできませんでした)ことをお詫びいたしてくて(メールしました/筆を取って次第です)。
 
実は、(夫が急に体調を崩して寝込んでしまいまして/О日にОΟがあって私が不在になるもので/当日、急にОΟへ行く予定となりましたで)、(ΟΟさんをお泊めできなくなりました/お泊めできないのです)。(ご期待をさせておきながら/お泊りいただきたいと申しておきながら//申し訳ないことなのですが)、お泊めできませんこと、深くお詫び申し上げます。
または
(日頃からお世話になっているΟΟさん/他ならぬΟΟ様/ΟΟ様のたって)のお願い(ですから、お泊めしたいのは山々(です/でした)/でもあり、是非お泊りいたさき(たいの/たかった)です)が(О日/当日)は、(私が不在にします/夫がおりませんで/ΟΟなものですから)、(誠に申し訳にことと分かりつつもお断り(せざる得ない/をしてしまいました)こと、改めてお詫び申し上げます。/お断りはしたもののお気を悪くなさせてしまったのではと案じており、重ねてお詫びを申し上げた次第です)。
 
この度のことでは、急きょホテルを取るなどお手間までおかけしてしまいましたのにОΟであれば仕方がないといっていただき(ΟΟ様の優しさにふれた思いでした/感謝いたしております)。この度のことで、ご迷惑をおかけしまたが、今後とも変わらぬご厚誼を賜りますようお願い申し上げます。
または
今回は、(誠に(不義理/非礼/失礼)なことをしてしまいました/友だち甲斐のないことをしてしまい申し訳ないのでありますが/お役に立てませんでした)が、(今後とも仲良くしていただき/また機会がありましたらお泊りいただき)ますようお願い申し上げます。
または
(できるだけのことはして/お泊めできるようにいろいろ考えてた)のですが、それも叶いませんで、ОΟ(様/さん)には(不愉快な思いをされたことでようが/ご迷惑をおかけしましたが)、(どうかお許しいただけます/ご寛容賜ります/気を悪くなさいません)ようお願い申し上げます。
 
(改めまして/取り急ぎ、)お詫びまで申し上げます。
または
取り急ぎ、先日のお返事とお詫びまで申し上げます。

早々(書き手が女性の場合)

令和Ο年Ο月Ο日

ΟООΟ

ΟООΟ 様

子供の宿泊お願いへの丁寧なお断り 文例(親戚宛)

(冠省/前略) (ОΟ(さん/君)/叔父様/叔母様)(のところにはなかなか(行けない/お伺いもでき)ませんで/にはご無沙汰ばかりで)申し訳ございません。
さて、(ОΟ(さん/君)/叔父様/叔母様)よりの(お手紙/お便り/メール)(拝読いたしました/読みました)。
または
(ОΟ(さん/君)/叔父様/叔母様)(のところは皆さん元気にしているとのことで安心しました/、お元気にされているようで何よりです)。
ОΟ(君/さん)が、(こちらの大学を受験する/来年には、ОΟを卒業する)とのことですが、も(立派になられたのだと、私たちも嬉しく思っています/うそんな年齢になったんだと時の流れての速さを感じています)。
または
この度の(お便り/お手紙/メール)は、他でもありません(先日お願いされた/お電話いただいた)ОΟ(さん/君)の宿泊(の件/に関してのお返事)です。
または
(ОΟ(さん/君)/叔父様/叔母様)、先日は(期待させて/お約束したのに)ОΟ君をお泊めできなりましたこと、(深くお詫び申し上げます/本当に申し訳ございませんでした)。
 
(この度は/早速ではありますが)、(先般お電話をいただきましたОΟ君の宿泊/お願いされた)(こと/件です)が、(他ならぬ/何かとお世話になっている)(ΟΟさん/叔父様/叔母様)のお願いですから(お引き受けしなければならないの/お役に立っちたいのは山々)ですが、(たまたまその日は出張で不在にしておりまして/実は、今妻が入院しおておりまして/実は、母が体調を崩していて介護をしているもので/ΟΟで)(申し訳ない/どうしても)ОΟ君を泊めてあげられません。
または
ОΟ(君/さん)は子供の頃から知っていているので泊めてあげたいのは山々ですが、(長男がまだО才で夜鳴きをしたりするので、受験前に睡眠不足になるやもしれません/男の一人暮らしで何もしてあげられない/ΟΟが入院していて妻は毎日病院へ行く日々です)ので、(ОΟ(さん/君)/叔父様/叔母様)には申し訳ないのですが、どうか今回は(ご勘弁ください/事情を斟酌いたけ)ますようお願い申し上げます。
または
お電話でもお話しましたとおり、(夫が急に体調を崩して寝込んでしまいまして当日、急にОΟへ行く予定となりまして)、急きょОΟ君を泊めることができなくなりました。(お泊めすると申していたにも/期待されていたにもか)かわらず、このようなこと(になりましたこと、改めてお詫び申し上げます/になってお気を悪くしてないかと案じて、改めてお詫び申しげた次第です)。
 
(私の事情でご期待にお応えできなく申し訳ないのです/ΟΟ君をお泊めできないのは心苦しいのではあります)が、(ΟΟ様/叔父様/叔母様)にはお気を悪くなされずに今後とも変わらぬご厚誼を賜りますようお願いいたします。
または
(ΟΟ様/叔父様/叔母様)には、日頃からお世話になっているのにもかかわらず、(不義理/恩知らず)なことをしてしまいますが、どうか今回だけは(ご勘弁/お許し)いただき、今後とも変わらぬご交誼を賜りますようお願い申し上げます。
 
(改めまして/取り急ぎ、)先日のお返事とお詫びまで。
または
(甚だ略儀ながら/失礼ながら)書中にて先日のお返事とお詫びまで申し上げます。
または
末筆ではありますが、(皆様のご健康/ΟΟ(君/さん)の合格)をお祈り申し上げます。

早々/敬具(書き手が女性の場合)

令和Ο年Ο月Ο日

ΟООΟ

ΟООΟ 様

関連文例&コンテンツ

文例一覧policy運営者情報免責事項