お見合い後のお断りへのお詫び(親から仲立宛) 文例

お見合い後のお断りへのお詫び(親から仲立宛) 文例 - 文例はそのままコピーしてご利用ください。 文例中には、文章作成に役立つ置き換え語句や文章を入れていますので、 ご自身の心情等にあった言葉や文章を選んで文を完成させてお使いください。

お見合い後のお断りへのお詫び 文例(親から仲立宛)

拝啓 〇〇の候、〇〇様にはますますご(健勝/清祥)のこととお慶び申し上げます。
(早速ですが/先般は)、(娘のお見合いのことで〇〇様(にご尽力を賜った/のお手を煩わした)/お電話でお伝えしましたように先般お見合いをさせていたたいた)にもかかわらず、(当方/娘の方/私ども)からお断りをしてしまいましたことを改めてお詫び申し上げたく存じまして、(お便りいたしました/筆をとりました)。
 
(実は、/実を申しますと/正直いいますと)(本人があまり乗る気ではなかった/本人はまだ結婚のことをあまり意識していない/本人の好きなタイプではなかった/〇〇さんの(収入が低い/仕事が派遣/〇〇)とのことがあった/本人としては、スポーツ好きな方がいいと考えている)ようで、(お断りすると申しております/今回はお断りすることにした)。
または
先日お会いした(〇〇さんは(素敵な/ご立派な/しっかりした/申し分ない)方とはいえ/〇〇さんは、私どもからして願ってもない良縁だとは思うのですが)、(こればかりは本人にしか決められないことですから/高望みしすぎているのではないかと(説得/諭し/たしなめ)てはみましたが、本人がお断りしたいと申すものですから)何卒、今回はお断りします無礼をお許しください。
 
この度のことでは、〇〇様にご尽力いただいたのにもかかわらず、残念な結果となりましたこと、(〇〇になり代わり/改めて/深く)お詫び申し上げますとともに(息子/娘)ともども変わるぬご厚情を賜りますようお願い申し上げます。
甚だ略儀ながら書中にて先日のお返事とお詫びまで申し上げます。

敬 具

令和〇年〇月〇日

〇〇〇〇

〇〇〇〇 様

関連文例一覧

お見合い後のお断りへのお詫び 文例(親から仲立宛)

冠省 この度お便りしましたのは、他でもない(先日/〇〇)のお見合いのことです。
 
(実は、/実を申しますと/正直いいますと)(本人があまり乗る気ではなかった/本人はまだ結婚のことをあまり意識していない/本人の好きなタイプではなかった/〇〇さんの(収入が低い/仕事が派遣/〇〇)とのことがあった/本人としては、スポーツ好きな方がいいと考えている)ようで、(お断りすると申しております/今回はお断りすることにした)。
または
(お電話でお伝え/先日お話)しましたように(〇〇が、どうしてもお断りしたい/本人のタイプではなかったと申しまして)、(残念ながら/申し訳ないことですが)お断りさせていただきました。
 
今回は、(残念な結果となりました/お断りすることになりました)が、(今後とも(良縁がございましたら/良い方がおられましたら)(お知らせ/ご連絡/声をかけて)いただき)ますようお願い申し上げます。
(改めまして/取り急ぎ、)(お見合いのお返事と)お詫びまで申し上げます。

草 々

令和〇年〇月〇日

〇〇〇〇

〇〇〇〇 様

お見合い後のお断りへのお詫び 文例(親から仲立宛)

前略 (先日は/(娘/息子)のお見合いことでは)、(娘/息子)が(お付き合いしたいと申しておきながら後になって/(ご期待をさせて/思わせぶりなことを申して)おきながら)(結局は/後から)お断りしまいましたこと、(誠に申し訳なく存じます/改めてお詫び申し上げます)。
(私の早合点で/(娘/息子)が、(当初/お見合いの時)は(相手様/〇〇さん)に(思わせぶり/期待をもたせる/気があるような/優柔不断な)ことを申していたのにもかかわらずお断りをしますこと、誠に申し訳ございません。
(お断りを申した折に、(娘/息子)のタイプでないなら仕方がないとおっしゃって/今回は残念なことですが、また良い方がおられたら(声をかけ/ご相談し)ますと優しいお言葉を)いただき、胸をなでおろした次第です。
今回のことでは、〇〇様にご苦労ばかりをおかけしまししたが、今後とも変わらぬご交誼を賜るますようお願い申し上げます。
取り急ぎ、お詫びまで申し上げます。

草 々

令和〇年〇月〇日

〇〇〇〇

〇〇〇〇 様

関連文例&コンテンツ

文例一覧policy運営者情報免責事項