借金/融資依頼 断り状文書/メール 文例_例文_書き方

借金/融資依頼 断り状文例/メール/例文と書き方-時候の挨拶文や文例/例文/書式/テンプレート等はコピー&ペーストして利用いただけます。 当サイトの文例,例文には、置き換え語句や意味の異なる文章や文言が入っています。自身の状況や心情に合った文言を選択や変更をして利用ください。

融資(丁寧なお断り) 断り状文例

株式会社 ОΟОΟ
代表取締役社長
ΟООΟ 様

令和Ο年Ο月Ο日
株式会社 ОΟОΟ
代表取締役社長
ΟООΟ 印

(拝啓/拝復) 平素より、格別のご厚誼にあずかり深謝申し上げます。・
さて、先般ご(通知/打診/依頼)のありましたご融資の件、誠に(申し訳ございません/不本意ではあります)が、ご要望にお応えできませんことをお知らした次第です。
弊社としても貴社たってのお願いでもあり、何とか力になりたいのは山々です。 しかしながら、お恥ずかしい話し、弊社にもご融資できる程の余裕がありませず、 (已む無く/断腸の思いで)ご融資のお断りを申し上げるに至りました。
ご要望に添えないこととなりましたこと、深くお詫びいたすとともに、何卒、ご了承いただけますようお願い申し上げます。
つきましては、ご送付いただきました書類は本状に同封して返却いたしますので、ご査収のうえご確認ください。
 
略儀ながら、書面をもちましてご(依頼/融資)の件、ご返事申し上げます。
末筆ではありますが、現在の状況が早期に好転されますことを衷心よりお祈りいたします 。
または
今後の貴社ご発展をお祈りし、ご(依頼/融資)のお断りまで申し上げます 。

敬具

関連文例/例文一覧

融資(事務的)断り状文例

株式会社 ОΟОΟ
代表取締役社長
ΟООΟ 様

令和Ο年Ο月Ο日
株式会社 ОΟОΟ
代表取締役社長
ΟООΟ

(拝啓/拝復) 時下ますますご清祥のこととお慶び申し上げます。
さて、先般ご(通知/打診/依頼)のありましたご融資の件ですが、ご期待にお応えできませんことをお知らせいたします。
貴社のご事情察するに余りあり、 (不本意ではあります/申し訳なく存じます)が、ご融資がかないませんこと、あしからずご了承のほどよろしくお願い申し上げます。
つきましては、ご(送付/預かり)いただきました書類は本状に同封して返却いたしますので、ご査収ください。
略儀ながら、書面をもちましてご依頼の返事まで 。

敬具

手紙/ハガキの書き方一覧
時候の挨拶   手紙   ハガキ   封筒   宛名   便箋折り方

借金(事務的)断り状文例(個人宛)

(拝啓/拝復) さて、Ο月Ο日付けで(ΟΟさん/ΟΟ様/貴殿)よりの(お手紙/おはがき/貴信)、確かに受領いたしました。
ご事情はお察ししますが、当方にもご用立てできるほどの余裕がありませんので、 (不本意です/申し訳ないのです)が、ご依頼の件はお断りいたします。あしからずご了承ください。
つきましては、ご送付いただいた書類は本状に同封して返却いたしますので、ご査収ください。
略儀ながら、書面をもちましてご依頼の返事まで 。

敬具

令和Ο年Ο月Ο日

ОΟОΟ

ΟООΟ 様

借金(事務的)断り状文例(個人宛)

拝復 先日のお手紙拝読いたしました。(ΟΟ様のご(事情/苦境/心労)心中よりお察しいします。
さて、ご依頼の件、誠に(不本意です/申し訳ないことです)が、 ご期待にお応えできそうにありません。
お恥ずかしながら、色々と思案をしてはみたものの(我が家/当方/私ども) にご用立てできるだけの余裕がありませんでした。何卒、この度だけはご(勘弁/容赦)くださいますようお願い申し上げます。
又は、
実を申しますと、(今年娘が東京の大学に進学した/マンションを購入した/その他個別の理由など)ため、 当面、我が家にも経済的な余裕がありません。どうかそのような事情をお察しいただき、この度の件はご勘弁ください。
日頃より、(ご交誼を/ご厚情を/親しくして)頂戴しているのにもかかわらず、 お役に立てませんこと、心よりお詫びいたします。
取り急ぎ、ご依頼の返事まで 。

敬具

令和Ο年Ο月Ο日

ОΟОΟ

ΟООΟ 様

借金の断り 断りメール 文例(友人宛)


件名:(メールの件/(お金/借金)のことだけど/RE:ОΟの件)


ΟООΟ (君へ/さん)
 
(ОΟ/ΟΟのОΟ)です。
 
ОΟ(君/さん)、(電話をもらってからも/メール読んでから)(いろいろ/一晩)考えましたけど、(いくら友だちといってもお金の貸し借りは僕の(信条/信念)としてしないことにしてるんだ/やまはり貸してあげられ(そうもないよ/ないんだ)。
(すまないが/友だち甲斐のないやつと思われるかもしれないが)、誰か他の人に当たってくれな。
メールの返事まで。
 
または
 
メール読んだよ。
君(が困っているのはよく分かったよ/もいろいろ大変みたいだね/の状況には僕も同情するよ)。でも、僕も金欠で君に貸せるだけの余裕がないんだ。
(申し訳ないけど、お金のことは力になれないからそのことは今後とも勘弁してくれな/悪いが(諦めてくれ/他の人に頼んでくれな)。
君も大変だろうけど頑張れよ。
 
または
 
メール読んだよ。
お金貸して欲しいということだけど、君にはこれまでもО円も貸しているんだからこれ以上は貸すのは無理だよ。
多分またお金を貸して欲しいといっているのだから前に貸したお金を返してはもらえそうもないだろうけど、(いつか絶対/早め)に返してくれな。たのむよ。
それでは、また。
 
または
 
ОΟ(君/さん)、(の切迫した状況/が困っている様子/が大変な状況/の窮状)(はよく分かった/は僕にもひしひしと伝わってきた/には心から同情している)(んだけど/けど)、(僕も今持ち合わせが少なくて/恥ずかしながら僕も金欠で/僕も貯金がなくて/安給料で汲々としていて)(すまないが/申し訳ないが)、(君に貸せるだける余裕がないんだ/全く余裕がない(だ/んです)/君の力になれそうもありません)。
(君とは長い付き合いだし/これまでも君とは仲良くしてもらっていたし)、僕としは(何とかしてあげたい/力になりたい/少しでも用立ててあげたい)けど、(俺もお金がないんだ/どうかできる状況じゃないんだ/今は無理なんだ)。本当に(も申し訳ない/ごめんね/すまない/信じてくださいね)。 今回は、君のお願いをきけないけど、お金以外のことなら力になるからまた連絡してね。
(改めまして/取り急ぎ、)お詫びまで。
または
(今の状況が好転することを祈っとくよ/君が元気になることを影ながら応援しときます)。
 
*************************
      署名
*************************

借金の断り 断りメール 文例(目上の知人宛)


件名:(メールの件のお返事/お願いをお受けした件/ご依頼の件のお返事/RE:ОΟの件)


ΟООΟ 様
 
(ОΟ/ΟΟのОΟ)です。
 
この度メールいたしましたのは、他でもなく先日ОΟ(様/さん)より(お願いされました/ご依頼されました/ご相談をお受けしました/お話をいただいた)ことのお返事です。
ОΟ(様/さん)には、(日頃より何かとお世話になっております/長く付き合いしてもらってます)ので、(何とか/私にできることでさえあれば)お力になりたいのですが、(お恥ずかしいはなし私の預貯金は僅かばかりで/(先日/近々)(住宅(購入/リホーム)/子供の進学/ΟΟ)に全預貯金を当てることにしておりまして/安月給で汲々としておりまして)ΟΟ様(にご用立てできるほどの余裕/のお力になれるだけの余裕)がなありません。
ΟΟ様の(ご心情をお察しする/ご様子をみると)と申し訳ないとは思うのですが、(この度のことは、どうかご容赦賜り/何卒、ご理解いただき)ますようお願いいたします。
(甚だ略儀ながら/失礼ながら)メールにて先日のお返事とお詫びまで申し上げます。
 
または
 
ОΟ(様/さん)よりの(お便り/メール)拝読させていただきました。
ОΟ(様/さん)(のお困りのご様子/が大変な状況あるの)は(お察しします/分かってはおります)が、(私の信念として一切のお金の貸し借りをしないと心に誓っておりましてで/主人がらお金の貸し借りをしないよう厳しくいわれておりますので)、(今後とも/このようなことは)、(ご勘弁いただきますようお願いいたします/ご遠慮いただければ幸いです)。
ΟΟ様(の状況が好転しますことを心より/が、お元気をとりもどされますよう)お祈り申し上げます。
 
または
 
この度は(お便り/メール)しましたのは、(先日お願いされた/電話いただいた)(件/こと/ことのご返事)です。
(先日のお願い/この度/今回/お電話/メール)のことで(私としても他ならぬΟΟ様のことでから考えさせていただき/その後、悩みんでおりました/一晩じっくり考えていただき)が、(嫁をどうしても説得できませんで/ΟΟ様の(事業のこと/置かれている状況)を存じ上げない私には、先行きについての判断できませんで)、(申し訳ないことですが、この度のことは(お許し/ご勘弁)いただけますようお願いいたします/他の方にご相談いただければ幸いです)。
この度は、(ご期待にお応えできません/友だち甲斐のないことをなしてしまいます)が、他のことで何かお力になれることがありましたら遠慮なくご連絡いただければ幸いにです。
事業を営むなかでは(大変なことも/ご苦労も)多いとは存じますが、どうか気持ちをしっかり持たれて今の状況を克服されます(と信じておきます/ことをお祈りします)。
 
*************************
      署名
*************************

借金の断り 断りメール 文例(親戚縁者宛)


件名:(メールの件のお返事/お願いをお受けした件/ご依頼の件のお返事/RE:ОΟの件)


(ОΟ(様/さん/君)/叔父様/叔母様)
 
(ОΟ/ΟΟのОΟ)です。
 
この度メールいたしましたのは、他でもなく先日(叔父様/叔母様)より(お願いされました/ご相談をお受けしました)ことのお返事です。
(叔父様/叔母様)方には、(日頃より何かと(心遣いを賜って/お世話になって)おりますので、私たちも(にできることお力になりたい/何とかしなけ)とは思うのですが、(お恥ずかしいはなし私の預貯金は僅かばかりで/先日(住宅購入/子供の進学/ΟΟ)に全預貯金を当てるしまったばかりで/安月給で汲々としておりまして)(今は/悲しいかな/情けないことですが)ご用立てできる程の余裕がなありません。
(叔父様/叔母様)の(ご心情をお察しする/ご様子をみると)と申し訳ないとは思うのですが、この度のことは(ご勘弁/ご容赦)いただきますますようお願いいたします。
(ОΟ(様/さん/君)/叔父様/叔母様)には、今は(大変なことが/ご苦労も)多いとは存じますが、どうか気持ちをしっかり持たれてくだ(ませ/ますようお願いいたします)。
 
または
 
日頃は(遠く離れておりますので/ご無沙汰ばかりで)、(ОΟ(様/さん/君)/叔父様/叔母様)/そちらの)(ご様子/状況/ご事情)(が分かりませんで/を知りませんで)(申し訳ございませんでした/すみません)。
(さて/ところで/早速ながら)、(お願い/お便り/お電話)の(こと/件)ですが、(他ならぬ/何かとお世話になっております)(叔父様/叔母様)(のたってのお願い/がお困りになっているとのこと)ですから(何とかして/何をさしおいても/微力でも)(お力なり/お役に立っちたい)いのは山々なのですが、(最近物入りで私(ども)もお貸しできる程の余裕がありませんで/実は、(住宅/ΟΟ)を購入したばかりでそれに全預貯金を当てたもので)(叔父様/叔母様)今直ぐにはご用立できる余裕がありません。
(叔父様/叔母様)がお困りのときに(お助けできない/何できない)私ども(を不甲斐ないと思われる/に失望されるでしょうが)、どうかご理解いただきけますようお願い申し上げます。
(甚だ略儀ながら/失礼ながら)メールにて先日のお返事とお詫びまで申し上げます。
 
または
 
ОΟ(君/さん)よりの(お便り/メール)読みました。
ОΟ(君/さん)が(困っているのは/が大変な状況あるの)は分かりましたが、このことを(ΟΟ様/ご両親)(には内緒にして欲しいのは何故で/はご存知なんでん)でしょうか。
(私/私ども)としては、(ΟΟ様/ご両親)の知らないところでお金を貸すことはできませんよ。
本当に困っているのであれば先ずは(ΟΟ様/ご両親)に(相談なさいね/頼んでみてはいかかですか)。
そして、それでもどうしようもないならまた連絡くださいね。
その時は、私たちもきちんと相談に乗ってあげるわね。
今回のことには、力になれないけど、何かあったら遠慮なく(相談/メール)してね。
 
または
 
(叔父様/叔母様)よりの(お便り/メール)拝読させていただきました。
(叔父様/叔母様)(の(切迫して状況/お困りのご様子/が大変な状況)/が私どもを(頼られ/お願いことをする)のは、よっぽどのこととだと)(重々承知しておりますので/分かりますので)、何とかお役に立ちたいと思う気持ちはあっても(私どももにお貸しできるだけの持ち合わせがありませんで/恥ずかしながら預貯金が少なく、ご用立てする余裕がありませんで/余裕が全く、)自身の不甲斐なさを情けなく思うばかりです。
この度は、(ご期待にお応えできません/何とも情けないことをなしてしまいます)が、他のことで私のお役にたつことがありましたら遠慮なくご連絡いただければ幸いにです。
(ОΟ(様/さん/君)/叔父様/叔母様)(の状況が好転しますことを心より/が、お元気をとりもどされますよう)お祈り申し上げます。
 
*************************
      署名
*************************

借金の丁寧なお断り 文例(友達宛)

(冠省/前略) ОΟ(君/さん)、(電話をもらってから/(お手紙/メール)読んでから)も(いろいろ/一晩)考えました。
または
ОΟ(君/さん)、(いろいろ大変そうだね/何はともれ元気にはしているようで何よりだね)。
または
(今回は、この前の件で/この前頼まれたこどで/電話もらった件で)(メールしました/筆をとりました/連絡しました)。
 
君(にはОΟの時助けてもらった恩もあるし/には以前僕がお金を借りたこともあったし/にはいろいろとお世話になっているから)(できることなら何とかしてあげたいの/力になってあげたいのは山々)だけど、(実は、僕も(会社をやめて貯金を切り崩しながらの生活をしていて/ΟΟで)/(子供にお金がかかって/ΟΟローンの返済があって)(君に用立ててあがら/君に貸してあげら)れるだけの余裕がなくて、(本当に申し訳なと思っています/すまない気持ち一杯です)。
または
ОΟ(君/さん)、(の切迫した状況/が困っている様子/が大変な状況/の窮状)(はよく分かった/は僕にもひしひしと伝わってきた/には心から同情している)(んだけど/けど)、(僕も今持ち合わせが少なくて/恥ずかしながら僕も金欠で/僕も貯金がなくて/安給料で汲々としていて)(すまないが/申し訳ないが)、(君に貸せるだける余裕がないんだ/全く余裕がない(だ/んです)/君の力になれそうもありません)。
または
(お金/この前/電話/メール)のこと(僕なりにいろいろ考えてた/あれからずっと考えていた/一晩じっくり考えてた)んだけど、(妻帯者の身では嫁の許可は必修だが、説得できる自信がなくて/(ギャンブル/ΟΟ)の借金と聞いて躊躇せざるを得なく/何でそんなことのなったかの理由が曖昧なので/ここで何がしかのお金を貸しても現状が好転するとも思えないから)(申し訳ないと思うが、今回は勘弁してくれ(よ/な)/すまないんだが、他の人(に頼んで/をあたって)(もらえればありがたいです/ください)/(今回のこと/そのことだけ)は、すまないが力になれないよ)。
 
(大変な状況で/いろいろ悩んで/恥をしのんで/他に頼る人もなく)(私/僕)(を頼ってくれた/に助けを求めた/に相談してくれた)のに(全く力になれない/友だち甲斐のない/前の恩を返せなくて/いつも力になってもらっている/期待はずれな返事となって)(君/ΟΟ君)(すまいないことをするのを/に本当に申し訳ないことをするのを/面目ないことをすることを)許しください)。
または
(君とは長い付き合いだし/これまでも仲良くしてもらってるし/君には相談にのってもらったりしたし)、僕としは(何とかしてあげたい/力になりたい/少しでも用立ててあげたい)けど、(俺もお金がないんだ/どうかできる状況じゃないんだ/今は無理なんだ)。本当に(も申し訳ない/ごめんね/すまない/信じてくださいね)。
または
君が困っているのに(助けなてあげない/何もしない)(僕/私)(のことを友だち甲斐のないやつと思う/のことを憎む/とはこれから付き合いたくないと思う)かもしれないけど、(よくよく考えて決めた/私にはどうにもならない/君のため思っての)ことなので、(それだけは分かってください/どうか、(勘弁して/許して)くださいね)。
または
今回は、(君のお願いをきけない/友だち甲斐のないことをする)けど、(お金以外のことなら力になるからまた連絡してね/これからも仲良くしてください/変わらず友だちでいてください。お願い申し上げます)。
 
(改めまして/取り急ぎ、)お詫びまで。
または
(今の状況が好転することを祈っとくよ/君が元気になることを影ながら応援しときます)。
または
大変だと思うけど(頑張れよ/やけだけはおこすなよ)。

草々/敬具

令和Ο年Ο月Ο日

ΟООΟ

ΟООΟ (君へ/さん)

- ▼ [クリック-表示/非表示] -

借金の丁寧なお断り 文例(目上の知人宛)▼

借金の丁寧なお断り 文例(親戚縁者宛)▼

関連文例&コンテンツ

文例一覧policy運営者情報免責事項