断り状/拒絶状(個人の寄付_目上知人)文例と書き方

断り状/拒絶状(個人の寄付_目上知人)文例

-スポンサードリンク-
-スポンサードリンク-
断り状/拒絶状(個人の寄付_目上知人)文例と書き方-掲載文例/例文はテンプレートとしてそのままWord(ワード),EXEL(エクセル),一太郎/メールにコピーしてご利用いただけます。 文例中に括弧で括られた語句または文章は、ご自身の状況や心情に応じて選択してください。

拝啓(結びは敬具)
○○の候、ΟΟ様には益々ご(健勝/壮健)のこととお慶び申し上げます。
(さて/早速ではありますが)・・・・・
 
または
 
(冠省/前略/拝復_手紙の返事-結びは敬具)
○○(様/さん)から(久方しぶりの(ご連絡/お電話/お便り)をいただきまして(驚いたのではありますが/嬉しく思っております)。
○○(様/さん)にはお変わりなく(ご活躍とのことで/活発に(○○/いろいろなこと)に取り組まれておられるようで/お元気なご様子で)何より(です/に存じます)。
または
(早速ではありますが/この度(メール/お便り)しましたたのは)、(先日(お誘い/ご勧誘)いただいた/お電話をいただいた件で)、お返事(をさし上げた次第です/をさせていただきました)。
または
○○(様/さん)より(ご送付いただきま/頂戴しま)した(○○寄付の趣意書の読まして/(お便り/メール)拝読いたし)ましたので、お返事(した次第です/をさし上げました)。
または
この度は、(○○の全国大会出場/○○の開催/○○さんの息子さんが○○へ出場されるとのことで本当に)おめでとうございます。
○○(様には/さん)さぞやお喜びのことと(拝察しております/存じます)。
 
寄付の(お話しをいただきまして/(お誘い/お願い/ご依頼)をお受けして)(私なりに(検討/考)させていただいたのですが/どうしたものかと思案いたしましたが/よくよく考えました/考えてはみました)が、(申し訳ないのですがご遠慮させていたきたく存じます/ご期待に添えませんご無礼をお許しください/悪いのですが(お断り/ご辞退)させていただきます)。
または
(さて/早速ではありますが)、(○○への寄付/○○の支援活動/○○イベント/寄付/メール)の(件/お話/こと)ですが、(今回はご遠慮させていたきたくことにしました/申し訳ないですがご期待に添えません/(お断り/ご辞退)させていただきます)。(お気を悪くなさいませんようお願いいたします/悪しからずご容赦くだ(さい/さいませ)。
または
(誠に失礼ながら/誤解を恐れずに申し上げますと/正直申しまして)、(ご依頼/お願い/お誘い)されました寄付は、(○○教の団体が(実施している/行っている)(ことであり/とのことで)/その活動主体が(判然としませんで/私からみて信頼できると思えませんで)/その趣旨に私自身が賛同できませんで)(お断りさせていただくことにしました/ご辞退させていただきたく存じます)。
 
(今回は/この度のことでは)、○○(様/さん)(のお願いを(ご辞退/お断り)します/のお力になれません)が、どうか今後ともご交誼を賜れば嬉しいです)。
または
今回は、ΟΟ様の(気分を害させてしまうのではないかと案じておりますが/善意のお気持ちにお応えできませんでしたが)、(今後ともご厚誼を賜ります/とうかご理解いただきます)ようお願いいたします。
または
今回はお断りしますが、(宗教以外のことで何かありましたら/このようなことでなければ)遠慮なくご連絡いただければありがたく存じます。
または
私の(信条として(慈善団体/○○)への寄付はしないと決めております/私の勝手な思い込みなのでしょうがどうにも抵抗感がありまし)て(今回のご寄付はお断りしたします/ΟΟ様には申し訳ないのではあります)が、(○○団体の活動を微塵を疑うのもではありません/○○に参加されていても私は気にしません)ので、(変わらぬご交誼を賜り/これからもまた、何かありましたご連絡いただけ)ますようお願いいたします。
 
(改めまして/取り急ぎ、)先般のお返事(とお願い/とお詫び)まで申し上げます。
または
(略儀ではありますが/失礼ながら)、先日のお返事まで申し上げます。
または
影ながらΟΟ様の活動がうまくいきますことをお祈りも申し上げます。
または
(略儀ではありますが/失礼ながら)、先日のお返事とお詫びまで申し上げます。

早々/敬具/かしこ(書き手が女性の場合)

平成О年О月О日

ΟООΟ

ΟООΟ 様

謝意、お詫びの意を含む場合は:
個人的詫び状(寄付の断り_目上の方)_お詫び_文例/例文 をご参照ください。
-スポンサードリンク-

お断り文例と書き方

各種お断りの文例と書き方一覧と 断り状関連コンテンツです。
お断り

4月季節/時候の挨拶

4月時候の挨拶 [詳細:時候の挨拶と結びをご参照ください。)
4月上旬 (花冷え/桜花/春爛漫)の(候/みぎり)
4月中旬 (春粧/春陽/仲春)の(候/みぎり)
4月下旬 (春暖/春日/晩春)の(候/みぎり)
ProPortal文例集 homepolicy運営者情報免責事項文例の転載についてsite_map