連帯保証人依頼の断り状(会社間) 文例

連帯保証人依頼の断り状(会社間) 文例 - 文例はそのままコピーしてご利用ください。 文例中には、文章作成に役立つ置き換え語句や文章を入れていますので、 ご自身の心情等にあった言葉や文章を選んで文を完成させてお使いください。

連帯保証人依頼の断り状 文例(会社間)

〇〇〇〇株式会社
代表取締役社長
〇〇〇〇 様

令和〇年〇月〇日
〇〇〇〇株式会社
代表取締役社長
〇〇〇〇

拝啓 時下ますますご(隆盛/清祥)のこととお慶び申し上げます。
さて、先般ご(打診/依頼)のありました(〇〇銀行/〇〇公庫)からのご融資に対します連帯保証の件ですが、他ならぬ貴社からのご依頼ではありますが、こればかりはお引受できません。
当社は、貴社の信用を些かも疑うものではありませんが、これまでも同様のご依頼には例外なくお断りしておりますため、この度もお引受しないこととなりました。何卒ご(了承/理解)いただきたまうすようお願い申し上げます。
つきましては、(ご送付いただき/お預かりし)ました書類は本状に同封して返却いたしますので、ご査収ください。
略儀ながら書面をもちましてご依頼のお返事を申し上げます。

敬 具

関連文例一覧

連帯保証人依頼の断り状 文例(会社間)

〇〇〇〇株式会社
代表取締役社長
〇〇〇〇 様

令和〇年〇月〇日
〇〇〇〇株式会社
代表取締役社長
〇〇〇〇 印

拝啓 時下ますますご(隆盛/清祥)のこととお慶び申し上げます。
さて、先般ご(打診/依頼)のありましたご融資に対します連帯保証の貴信、確かに受領いたしました。
平素の一方ならぬご支援を考えますと、このような時こそお力にならなければとは存じますが、 融資額が高額のため貴社に全幅の信頼をよせているとはいえ(当社/私)にはその様な大役を務めるだけの(自信/力量/資格)がございません。
貴社のご意向にお応えできず、誠に心苦しいのではありますが、今回は何卒ご(勘弁/容赦)いただけますよう(伏して)お願い申し上げます。
取り急ぎ、お返事かたがたお詫びまで申し上げます。

敬 具

関連文例&コンテンツ

文例一覧policy運営者情報免責事項