断り状(友人間の喧嘩仲裁の依頼)メール文例と書き方

断り状(友人間の喧嘩仲裁の依頼)メール文例

断り状(友人間の喧嘩仲裁の依頼)メール文例と書き方-掲載文例/例文はテンプレートとしてそのままWord(ワード),EXEL(エクセル),一太郎/メールにコピーしてご利用いただけます。 文例中に括弧で括られた語句または文章は、ご自身の状況や心情に応じて選択してください。

件名:(仲裁の件/○○君とのこと/RE:○○の件)


ΟООΟ (君へ/さん)
 
(○○/○○の○○)です。
 
○○君と(のこと、(なんかややこしいことになってる/こじれてる)/派手な喧嘩した)みたいだね。
または
(さて/早速だけど)、(メールの件/電話もらった件/この前頼まれてたこと)だけど、(すまないが/悪いけど)僕には力になってあげられないよ。
または
今回は、この前頼まれた○○との喧嘩の仲裁ののことでメールしました。
または
(今回は、他でもないけど○○君との喧嘩の仲裁の件で/この前頼まれた仲裁のこどで/電話もらった件で)メールしまいした。
 
(先日/昨日)(電話をもらってから/もらったメールを読んで)(いろいろ/一晩)考えましたんだけど、(自分たちの問題だからお互いに納得いくまで話す/人に頼らず素直に君が彼に謝る/正直いって君が悪いから君がきちんと謝る)のがいいと思うんだ。だから今回のことは断らせてもらうよ。(悪く思わないでくれな/それが君のためだよ)。
または
君の言うとおり(○○君とは前は親しかった/僕も○○君を知っている)けどね。
(最近はあまり会ってなくて/僕も喧嘩をしてそれから付き合ってないんで/僕も彼は苦手でなんで)、すまないんだが、他の人に頼んで(もらえればありがたいです/ください)。
または
ところで、メール読んで思ったんだけど、君も(悪いから(素直に/早く)/意固地にならないで自分か)(仲直りしてもらえるよういった/謝った)ほうがいいんじゃないかな。
または
今回の(こと/喧嘩/仲たがい)は、(僕には関係ないことだから僕が中にはいるのは筋違いだから/僕は○○君とも親しい友だちだからこのことで口を挟んむことはできないから)悪いけど、このことだけは勘弁してくれな。
 
君として(俺だったら何としてくれると思って相談してくれた/はとても困って私を頼ってくれた)のに(友だち甲斐のないと思うだろうが/期待はずれな返事でがっかりするかもしれないけど)、(僕の気持ちを分かって/僕の立場も理解して)もらえたら嬉しいよ。
または
(役立たず/友だち甲斐のないヤツ)と思うかもしれないけど、(君と○○のことを思ってのことだから分かってくれな/悪く思わないでくれな)。
 
先日の返事とお詫びまで。
または
(彼と早く仲直りできるのを祈っとくよ/何かあったらまた連絡くれな)。
または
それでは、また。
 
*************************
      署名
*************************

謝意、お詫びの意を含む場合は:
個人的詫び状(友人間の喧嘩仲裁のお願いの断り)_お詫び_文例/例文 をご参照ください。

9月時候の挨拶

[時候の挨拶/結び]

9月上旬
初秋の候
新秋の候
新涼の候

9月中旬
白露の候
爽秋の候
秋晴の候

9月下旬
涼風の候
秋冷の候
孟秋の候

ProPortal文例集 homepolicy運営者情報免責事項文例の転載について