喧嘩仲裁のお願い お断りメール 文例(知人宛)

喧嘩仲裁のお願い お断りメール 文例(知人宛) - 文例はそのままコピーしてご利用ください。 文例中には、文章作成に役立つ置き換え語句や文章を入れていますので、 ご自身の心情等にあった言葉や文章を選んで文を完成させてお使いください。

喧嘩仲裁のお願い お断りメール 文例(知人宛)


件名:(お願いされましたことのお返事/RE:〇〇の件)


〇〇〇〇 様
 
〇〇です。
 
この度メールしましたのは、(他でありません/先日お話をお聞きした/お願いされました) (〇〇さんとの喧嘩の仲裁の件/〇〇さんとこと)です。
 
(メールを拝読/お話をお聞き)して〇〇さんの(ご心中/辛いお立場/苦しいい胸の内)お察します。 (しかしながら/実を申しますと)、 (私は〇〇さんのことをあまり良く存じ上げません/私も〇〇さんと仲たがいをしてとりまして、最近は疎遠となっておりまして/私も先日些細なことで(口論となり/喧嘩/気分を害してしまい)それ以来、 以前ほど親しい関係でなくなっておりまして)申し訳ないことではありますが、私にはお力になれないのです。
 
今回は、(誠に申し訳ないことをしてしまいました/友だち甲斐のないことをしてしまいますが/お役に立てません)が、今後とも仲良くしていただきますようお願い申し上げます。
 
取り急ぎ、先日のお返事とお詫びまで申し上げます。
 
*************************
      署名
*************************

関連文例一覧

喧嘩仲裁のお願い お断りメール 文例(知人宛)


件名:(〇〇さんとのこと/RE:〇〇の件)


〇〇〇〇 様
 
(〇〇/〇〇の〇〇)です。
 
早速ながら(先日/昨日)(お電話をいただいて/のメールを読ませていただき)、(私なりに考えてみました/一晩じっくり考えました)。
 
(その時に状況を/お話を/お二人の(お考え/ご事情)を)お聞きしまして、 (この件に/この度のことはお二人のことですから(第三者である/無関係の)/この件は〇〇ですから)私が口を挟むのは、(筋ちがい/さし控えたほうがよい/ますます話しをこじらせる)(のではないか/と)(思いまして/考えるに至りまして)、 〇〇さんには申し訳ですが、今回のことは何方か他の方にお願いしていただければ幸いに存じます。
 
〇〇(様/さん)の(お願い/ご依頼/たってのお願い)をお断りするのは心苦しいのですが、どうか(ご理解/ご容赦)いただきますようお願いいたします。
 
〇〇さんとのことが早く解決しますことをお祈りいたします。
 
*************************
      署名
*************************

関連文例&コンテンツ

文例一覧policy運営者情報免責事項