断り状(就職斡旋のお願いの断り_知人)メール文例と書き方

断り状(就職斡旋のお願いの断り_知人)メール文例

断り状(就職斡旋のお願いの断り_知人)メール文例と書き方-掲載文例/例文はテンプレートとしてそのままWord(ワード),EXEL(エクセル),一太郎/メールにコピーしてご利用いただけます。 文例中に括弧で括られた語句または文章は、ご自身の状況や心情に応じて選択してください。

件名:(お願いされましたことのお返事/就職先のことですが/お仕事のご紹介の件/○○のお返事/RE:○○の件)


ΟООΟ 様
 
(○○/○○の○○)です。
 
さて、この度の(お便り/お手紙/メール)は、他でもありません(先日(お願いされました/ご依頼のありました)/お電話いただいた)(件のこと/就職先のこと/こと/ことのお返事)です。
または
この度メールしましたのは、(他でありません/先日お話をお聞きした/お願いされました)(件のこと/就職先のこと/こと/ことのお返事)です。
または
日頃は、何お世話になっております。
または
この度のメールは、○○(様/さん)より(お願いされました/ご依頼いただいた)、(○○社への就職の口添えのこと/(私の会社/私が勤めている会社)への就職/定年後の再就職の件)です。
 
早速ではありますが、(先般お電話をいただきましたこと/(ご依頼をいただいておりました/先日お会いした際、ご相談をお受けしておりました)(再就職先/○○への就職斡旋)の件)で(メールいたしました/取り急ぎお返事をさし上げた次第です)。
または
他ならぬΟΟ様の(ご依頼/お願い)であり、私としては(何とかならないかと会社に聞いてみましたのです/方々当たったのです)が、(どうにもなりませんで/今は人手が余っている状況で/失礼ながらΟΟ様の年齢を考慮すると難しいようで)(申し訳ないのですが、私にはお力になれないようです/他に方にご相談いただけますようお願いします)。
または
ΟΟ様が(お困りのご様子/大変な状況)のは、(お察しいたして/分かっては)おりますが、(私の力不足で○○社への就職の斡旋はできませんでした/いろいろ当たったのですが、お口添えできるとこころが見つかりませんでした)。
 
ΟΟ様の(ご状況/ご心情)をお察ししますと心苦しいのですが、(この度のことでお力になれまえんこと、ごうかご理解ください。
または
ΟΟ様の(お願いにお応えできず/お力になれないず)情けないことですが、(どうか/何卒)この度のとはご勘弁していただけますようお願い申し上げます。
または
今回は何とも不義理なことをいたしますが、ΟΟ様とのご交誼は大切にしてまいりたいと思っております)ので、この度のことはお許しいただき、今後とも変わらぬご交誼を賜りますようお願い申し上げます。
 
(改めまして/取り急ぎ、)(メールの件/先日)のお返事まで。
または
(大変なことも/ご苦労も)多いとは存じますが、気持ちをしっかり持たれて早く就職できますよう影ながらお祈り申し上げます。
または
(甚だ略儀ながら/失礼ながら)メールにて先日のお返事を申し上げたました。
 
*************************
      署名
*************************

謝意、お詫びの意を含む場合は:
個人的詫び状(就職斡旋のお願いの断り_知人)_お詫び_文例/例文 をご参照ください。

8月時候の挨拶

[時候の挨拶/結び]

8月上旬
避暑の候
新涼の候
納涼の候

8月中旬
残炎の候
残暑の候
残夏の候

8月下旬
暮夏の候
晩夏の候
向秋の候

ProPortal文例集 homepolicy運営者情報免責事項文例の転載について