断り状/拒絶状(宗教勧誘_目上知人)文例と書き方

断り状/拒絶状(宗教勧誘_目上知人)文例

断り状/拒絶状(宗教勧誘_目上知人)文例と書き方-掲載文例/例文はテンプレートとしてそのままWord(ワード),EXEL(エクセル),一太郎/メールにコピーしてご利用いただけます。 文例中に括弧で括られた語句または文章は、ご自身の状況や心情に応じて選択してください。

拝啓(結びは敬具)
○○の候、ΟΟ様には益々ご(健勝/壮健)のこととお慶び申し上げます。
(さて/早速ではありますが)・・・・・
 
または
 
(冠省/前略/拝復_手紙の返事-結びは敬具)
(早速ではありますが/この度(メール/お便り)しましたたのは)、(先日(お誘い/ご勧誘)いただいた/お電話をいただいた件で)、お返事(をさし上げた次第です/をさせていただきました)。
または
○○(様/さん)には久方ぶりに(お電話をいただき/お会いしまして)、(お元気そうな/お変わりない)ご様子で何より(でした/に存じます)。
または
この度の(お便り/ご連絡をしましたの/メール)は、他でもありません(先日より再三お願いされておりました/先日ご依頼のありました)/お電話いただいた)(件のこと/○○の講演会/○○集会/こと/ことのお返事)です。
または
(この度は/早速ではありますが)、(先般お電話をいただきましたこと/(お誘いをいただいておりました/先日お会いした際、お誘いをお受けしておりました)ことで(メールいたしました/筆を取った次第です/取り急ぎお返事をさし上げた次第です)。
 
さて、(先日お誘いいただいた/お電話でお伺いした)(○○講演会/○○集会/○○)の(件/お話/こと)ですが、(申し訳ないですが/折角ですが/折角お誘いいただきましたが/あいにくその日に用事がありまして、残念ですが)(ご辞退させていただきます/不参加とさせていただくこととしました/ご遠慮させていただきたく存じます)。
または
お誘いをお受けして(私なりに考えました/よくよく考えました/考えてはみました)が、(宗教には全くもって興味がございません/失礼ながら興味がわかない内容でもございません)ので、(ご遠慮させていただきます/ご遠慮させていただきたく存じます/ご勘弁いただけますようお願いいたします)。
または
(誠に失礼ながら/誤解を恐れずに申し上げますと/正直申しまして)、(講演会といいましても○○教の布教活動のように思えます/○○セミナーは名ばかりの○○教の活動とお見受けしました/○○教は私が調べた範囲では、あまり評判がよくないようにお見受けします)ので、(参加するのを躊躇せざるを得ませんで/どうしても興味が沸きませんで)お断りすることにいたしました。
または
(再三お電話を/熱心に勧誘)いただいておりますが、(私としては宗教には全く興味をございません/(熱心ではありませんが私は○○教徒/我家は昔から○○教)です)ので、(このことに関しましては/申し訳ございませんが/心苦しいですが)これ以上の(ご連絡/ご勧誘)をご遠慮いただけ(れば幸いに存じます/ますようお願いも申し上げます)。
 
(今回は/この度のことでは)、(ΟΟ様のお誘いをお断りします/友だち甲斐のないことをしてしまいます/折角のお誘いをお断します)が、今後ともご交誼を賜れば嬉しいです)。
または
今回は、ΟΟ様の(気分を害させてあいまいましたが/善意のお気持ちにお応えできませんでしたが)、今後とも変わらぬご厚誼を賜りますようお願いする次第です。
または
今回はお断りしますが、(宗教以外のことで何かありましたら遠慮なくご連絡ください/これからも仲良くしてください)。
または
(なお/できましたら)、今回(同様のことに関しましての/のような宗教関連のことではに)ご連絡は(一切いただきません/ご遠慮いただきます)ようお願い申し上げます。
 
(改めまして/取り急ぎ、)先般のお返事(とお願い)まで。
または
(略儀ではありますが/失礼ながら)、先日のお返事まで申し上げます。

早々/敬具/かしこ(書き手が女性の場合)

平成О年О月О日

ΟООΟ

ΟООΟ 様

謝意、お詫びの意を含む場合は:
個人的詫び状(宗教勧誘の断り_目上の方)_お詫び_文例/例文 をご参照ください。

12月時候の挨拶

[時候の挨拶/結び]

12月上旬
師走の候
初冬の候
季冬の候

12月中旬
霜寒の候
寒気の候
激寒の候

12月下旬
忙月の候
歳末の候
歳晩の候

ProPortal文例集 homepolicy運営者情報免責事項文例の転載について