無断欠勤 念書 文例

無断欠勤の反省の念書 文例 - 文例はそのままコピーしてご利用ください。 文例中には、文章作成に役立つ置き換え語句や文章を入れていますので、 ご自身の心情等にあった言葉や文章を選んで文を完成させてお使いください。

無断欠勤 念書 文例

〇〇〇〇株式会社
(代表取締役社長/〇〇部長/工場長)
〇〇〇〇 殿

念 書

私は、去る令和〇年〇月(〇日/〇日から〇日まで)、(無断で/上司の許可を得ずに/連絡をせずに)欠勤いたしました。
当日朝、(体調が優れず(休暇を/病欠の)願いでようと/欠勤の許可を得よう)とは考えたのですが、(気分が優れあず/何となく時間がたってしまい)、気づくと昼近くになり(気まずくて/ますます電話をしずらくなって)、結局は(誰にも伝えず/上司の許可も得ず/連絡をせず)欠勤いたしました。
仕事を休むのであれば当然、(誰かに伝いえる/上司に許可を得る/欠勤の届けを提出す)べきでしたが、それを怠ったことは(如何なる理由であれ/社会人にあるまじきことで)許されることではなく、今更ながら深く反省しております。
 
今後は、(勝手な行動をしない/就業規則を遵守する/会社のルールに反するころをしない)ことを念書をもって(確約/お約束/お誓い)したします。
または
今後二度と無断欠勤をしないことをお誓いするともに、万が一にも同様のことをなした場合、(厳しい/相応の懲戒)処分をお受け(する覚悟しております/して不服を申しません)。

令和〇年〇月〇日

          〇〇部〇〇課
          氏名 〇〇〇〇 印
          (自署又は記名/捺印)

関連文例一覧

無断欠勤をしない旨 念書 文例

〇〇〇〇株式会社
代表取締役社長
〇〇〇〇〇〇 殿

念 書

私は、今後二度と特段の事情もなく無断で会社をい休むことをいたしません。 再びこれに反した場合、懲戒解雇処分となることに不服を申し立てません。
又は、(自ら職を辞する覚悟です。)

令和〇年〇月〇日

          所属 〇〇〇〇
          住所 東京都〇〇区〇番〇号
          氏名        印
               (自署/捺印)

以 上

関連文例&コンテンツ

文例一覧policy運営者情報免責事項