職務怠慢 念書 文例

職務怠慢の反省の念書 文例 - 文例はそのままコピーしてご利用ください。 文例中には、文章作成に役立つ置き換え語句や文章を入れていますので、 ご自身の心情等にあった言葉や文章を選んで文を完成させてお使いください。

職務怠慢をしない旨 念書 文例

〇〇〇〇株式会社
代表取締役社長
〇〇〇〇〇〇 殿

念 書

私は、今後二度と職務中に下記の行為をいたしません。 再びこれに反した場合、懲戒解雇処分となることに不服を申し立てません。
又は、(自ら職を辞する覚悟です。)

1)勤務時間内にパチンコほか遊戯に興じること
2)特段の事情もなく、勤務時間内に私的な用件をおこなうこと
3)その他、職務怠慢行為

令和〇年〇月〇日

          所属 〇〇〇〇
          住所 東京都〇〇区〇番〇号
          氏名        印
               (自署/捺印)

以 上

関連文例一覧

職務怠慢 念書 文例

〇〇〇〇株式会社
(代表取締役社長/〇〇部長/工場長)
〇〇〇〇 殿

念 書

私は、令和〇年〇月〇日(上司指示されていた〇〇書類の作成/通常当日中に処理すべき業務/〇日が期限の〇〇)を(忘れて/完了せずに/完了できずに/私の力不足で完了できずに/私の甘い考えで後延ばしして)、(帰宅いたしました/皆様に多大なご迷惑をおかけしてあいまいました/お客様(の信頼を著しく損なって/よりお叱りを受けて)しまいました)。
この度の〇〇は私の仕事への責任感の欠如であり、(当社社員として/社会人に)あるまじきことであると自覚し、深く反省をしております。
今後は、業務に対する姿勢を改め、与えられた業務を(真摯/忠実/着実)に遂行することを念書をもって(確約/お約束/お誓い)したします。

令和〇年〇月〇日

          〇〇部〇〇課
          氏名 〇〇〇〇 印
          (自署又は記名/捺印)

職務怠慢 念書 文例

〇〇〇〇株式会社
(代表取締役社長/〇〇部長/工場長)
〇〇〇〇 殿

念 書

私は、令和〇年〇月〇日(上司指示されていた〇〇書類の作成/通常当日中に処理すべき業務/〇日が期限の〇〇)を(忘れて/完了せずに/完了できずに/私の力不足で完了できずに/私の甘い考えで後延ばしして)、(帰宅いたしました/皆様に多大なご迷惑をおかけしてあいまいました/お客様(の信頼を著しく損なって/よりお叱りを受けて)しまいました)。
この度のこをは、(自身の力量では/(物理/時間)的に)不可能であるなら(上司に相談す/何らかの行動をとる/誰かに応援をお願いする)べきであり、それを怠ったことは(如何なる理由であれ/社会人にあるまじきことで)弁明の余地はなく、深く反省しております。
今後二度と(〇〇/職務怠慢行為/職務の遅延を招くこと/勝手な行為)をなさないことをお誓いするともに、万が一にも同様のことをなした場合、(厳しい/相応の懲戒)処分をお受け(する覚悟しております/して不服を申しません)。

令和〇年〇月〇日

          〇〇部〇〇課
          氏名 〇〇〇〇 印
          (自署又は記名/捺印)

関連文例&コンテンツ

文例一覧policy運営者情報免責事項