誤記/誤入力 念書 文例

誤記/誤入力の念書 文例 - 文例はそのままコピーしてご利用ください。 文例中には、文章作成に役立つ置き換え語句や文章を入れていますので、 ご自身の心情等にあった言葉や文章を選んで文を完成させてお使いください。

誤入力/誤発注の反省 念書 文例

〇〇〇〇株式会社
(〇〇部長/支店長)
〇〇〇〇 殿

念 書

私は、(〇〇〇〇株式会社向け出荷指示書のデータ入力/受注伝票の入力)の際、(出荷期日/品名/員数)を誤って(入力/記入)したことで(指定納期日に出荷されず/注文品とは異なる製品を製造させてしまい/員数不足を起こしてしまい)客先の信頼を大きく失墜させるとともに、社内各署に多大な迷惑をかけしました。
この度の(誤入力による(不始末/納期遅延/客先信用の失墜)/ご記入)は、私の(気の緩み/確認ミス/不注意と本来必ず行わなければならない確認作業を怠ったためであり)、弁解の余地がなく深く反省しております。
今後は、二度と(誤入力/このようなミスを犯さ)ないよう、(ひとつひとつの作業を確実に行う/二重ねる確認をする)ことを念書をもって(確約/お約束/お誓い)したします。

令和〇年〇月〇日

          〇〇部〇〇課
          氏名 〇〇〇〇 印
          (自署又は記名/捺印)

関連文例一覧

誤入力/誤発注の反省 念書 文例

〇〇〇〇株式会社
(〇〇部長/支店長)
〇〇〇〇 殿

念 書

私は、(〇〇の発注/〇〇〇株式会への資材発注)に際して(期日/品名/員数)を誤って(入力/記入)してしまい、(製造工程に大幅な乱れを引き起こしてしまい/多量の不要在庫をすることとなり)ました。
(発注業務/受注入力作業)は、(細心の注意と確認をしなければならない/細心の注意を払うべきことは当然である)にもかかわらず、それを怠りこのような事態を引き起こしまい、深く反省しております。
今後は、二度と(会社に損害を与え/同様のことの)ないよう、(確認作業を怠らない/注意を払ってまいる)こと固く誓い、ここに念書を提出いたします。

令和〇年〇月〇日

          〇〇部〇〇課
          氏名 〇〇〇〇 印
          (自署又は記名/捺印)

関連文例&コンテンツ

文例一覧policy運営者情報免責事項