営業クレーム 念書 文例

営業クレームの念書 文例 - 文例はそのままコピーしてご利用ください。 文例中には、文章作成に役立つ置き換え語句や文章を入れていますので、 ご自身の心情等にあった言葉や文章を選んで文を完成させてお使いください。

営業対応クレーム再発防止 念書 文例

〇〇〇〇株式会社
(〇〇部長/支店長)
〇〇〇〇 様

念 書

去る〇月〇日、弊社の社員が(貴社/貴社〇〇)において(甚だ(非礼/無礼/失礼)な(行為/言動)をなして/〇〇という(不始末/失態)を犯して)しまいましたこと深くお詫び申し上げます。
弊社としては、日頃より〇〇をはじめ全ての営業担当に(営業対応/業務の(誠実/着実)な遂行)を(厳しく指導しておりました/指導を行ってきましたが)、(まだそれが徹底されていなかった/不十分であった)ことを痛感(し、深く反省しております/しますとともに私の管理が行き届いていなかったことに責任を感じております)。
今後は二度と同様なのことが起きないよう(管理と指導を/指導を徹底)してまいることを(確約/お約束/お誓い)しますとともに念書をもって深くお詫び申し上る次第です。

令和〇年〇月〇日

          〇〇〇〇株式会社
          東京都〇〇区〇番〇号
          (〇〇部〇〇課/〇〇部長)
          氏名 〇〇〇〇 印
          (自署/記名/捺印)

関連文例一覧

営業対応クレーム再発防止 念書 文例

〇〇〇〇株式会社
(〇〇部長/支店長)
〇〇〇〇 様

念 書

こと度は、貴社よりの(見積もり依頼/ご注文)に対し、弊社営業担当(が失念し/の怠慢のため)(〇日もの間お待ちいただくという不始末をおこして/納期が遅れてしまう失態を演じて)しまいましたことこと、深くお詫び申し上げます。
この度の(不始末/失態)は、担当している〇〇が(入社して間もない者でしたから/度々客先での言動に関して注意を受けることがありましたので/業務に不慣れであったことから)本来なら(責任ある業務を任せるべきで/誰かをサポートに付けるべきで)、それにもかかわらず私の判断で(貴社の担当/今回の業務)を任せてしまった私の判断の甘さが原因といわざるを得ず、(管理/指導)の不行き届きを深く反省いたしておる次第です。
弊社では、この度失った(信用/信頼)を回復するため、会社一丸となり(顧客対応の向上/指導)に努めてしてまいる(所存であります/ことを(確約/お約束/お誓い)します)。
この度の(不始末/こと)に関し、念書をもって深くお詫び申し上る次第です。

令和〇年〇月〇日

          〇〇〇〇株式会社
          東京都〇〇区〇番〇号
          (〇〇部〇〇課/〇〇部長)
          氏名 〇〇〇〇 印
          (自署/記名/捺印)

関連文例&コンテンツ

文例一覧policy運営者情報免責事項