設備事故/労災事故/火災事故再発防止 念書文例と書き方

設備事故再発防止 念書文例

設備事故/労災事故/火災事故再発防止の念書文例/例文と書き方-掲載されたビジネスメール、ビジネス文書、手紙の文例/例文はテンプレートとしてコピー&ペーストして利用いただけます。 文章は、社内か客先宛など様々な状況で書き方が異なり、状況や目的に一致する文例を提供できません。そのため当サイトの文例又は例文には文章作成の一助として多数の書き換え語句や文章を挿入してあります。状況や心情に応じて選択してご利用ください。

株式会社 ΟОΟО
(代表取締役社長/工場長)
ΟООΟ 様

念 書

(О月О日/先般)、弊社(工事関係者により/工事において)貴社(ОΟ設備を(緊急)停止/ΟΟを破損)させる(設備事故/障害/不始末)を(起こし/発生させ)、貴社(に多大なご迷惑をおかけしてしまい/の信用を損なう事態を招いてしまいましたこと)、心よりお詫び申し上げます。
 
この度(設備事故/ΟΟ)は、弊社の(作業ミス/(安全管理/作業手順)の不備)が原因であることは明らかでありまして(弊社/現場代理人たる私)の(管理不行き届き/責任)を(深く反省/猛省)いたしております。
または
今回の事故は、(不測のことが重なった/ΟΟが原因)とはいえ、(弊社が(迅速な/適切に)対応していれば、事故を未然に防げた可能性もあり/如何なる状況でも(安全を確保/事故を起こさない)ことは絶対条件でありますので)、(弊社/私)(の判断の甘さ/の力不足/としも責任)を痛感し、深く反省いたしております。
 
弊社としましては、今回失った(信用/信頼)を回復するため、会社一丸となり(努力/専心)してまいることを(確約/お約束/お誓い)しますとともに念書をもって深くお詫び申し上る次第です 。
または
今後は、二度と同様の(不始末が発生し/ミスを犯さ)ないよう(早急に対策を取りまとめ確実に実行して/提出したしました事故の再発防止策を徹底して/肝に銘じて)まいる(所存であります/ことを(確約/お約束/お誓い)します)。
この度の(設備事故/不始末)に関し、念書をもって深くお詫び申し上る次第です 。

平成Ο年Ο月Ο日

          株式会社 ΟОΟΟ
          東京都ΟΟ区Ο番Ο号
          (代表取締役社長/工場長)
          氏名 ΟОΟΟ 印
          (自署/記名/捺印)

【表記方法について】
本サイトでは、手紙、はがきやビジネス文書等の紙ベースの文例又は例文は【ОΟ文例/例文】、メールは【ОΟメール文例/例文】と表記されています。また、ビジネス文書は、【ビジネス ОΟ文例/例文】、雛形は【ОΟ書式】と表記しています。

労災事故再発防止 念書文例

▼クリックで表示/非表示切替▼

失火/火災事故の反省 念書文例

▼クリックで表示/非表示切替▼

関連文例&コンテンツ

ProPortal文例集 homepolicy運営者情報免責事項文例の転載について