遅刻 念書 文例

遅刻の反省の念書 文例 - 文例はそのままコピーしてご利用ください。 文例中には、文章作成に役立つ置き換え語句や文章を入れていますので、 ご自身の心情等にあった言葉や文章を選んで文を完成させてお使いください。

遅刻 念書 文例

〇〇〇〇株式会社
(代表取締役社長/〇〇部長/工場長)
〇〇〇〇 殿

念 書

私は、(この前月〇回遅刻をし、注意を受けていたにもかかわらず、/これまでにも遅刻を口頭での注意を受けていたにもかかわらず)(去る/再度)令和〇年〇月〇日遅刻いたしました。
この度のことは、私の社会人としての自覚の欠如であり、(自身を恥じるとともに、猛省しております/今さらながらですが、後悔しております)。
 
今後は、(業務に対する姿勢を改め/絶対に)遅刻しないことを念書をもって(確約/お約束/お誓い)したします。
または
今後は、自身の(甘さ/怠惰)のために遅刻をしないことをお誓いするともに、万が一にも同様のことをなした場合、(厳しい/相応の懲戒)処分をお受け(する覚悟しております/して不服を申しません)。

令和〇年〇月〇日

          〇〇部〇〇課
          氏名 〇〇〇〇 印
          (自署又は記名/捺印)

関連文例一覧

遅刻をしない旨 念書 文例

〇〇〇〇株式会社
代表取締役社長
〇〇〇〇〇〇 殿

念 書

私は、特段の事情もなく、かつ連絡もせずに始業時間に遅れることをいたしません。 再びこれに反した場合、懲戒処分となることに不服を申し立てません。
又は、(自ら職を辞する覚悟です。)

令和〇年〇月〇日

          所属 〇〇〇〇
          住所 東京都〇〇区〇番〇号
          氏名        印
               (自署/捺印)

以 上

関連文例&コンテンツ

文例一覧policy運営者情報免責事項