覚書(合併基本合意)文例と書き方

覚書(合併基本合意)文例

覚書(合併基本合意)文例と書き方-掲載文例/例文はテンプレートとしてそのままWord(ワード),EXEL(エクセル),一太郎/メールにコピーしてご利用いただけます。 文例中に括弧で括られた語句または文章は、ご自身の状況や心情に応じて選択してください。

覚書

甲 株式会社ОΟОΟ(以下、甲という)と乙 株式会社ОΟОΟ(以下、乙という)は、 経営基盤と事業競争力の強化のため、対等の精神に基づく合併をすることに合意するとともに、 以下の合併に関する基本的条件を両社が承認し、ここに覚書を取り交わすもととする 。

第1条(合併の目的)
甲と乙は、合併することで、総括的経営基盤の拡充と両社の有する技術の融合によりこれまで 以上の製品開発力強化をはかることを目的に合併する。
第2条(合併比率)
甲および乙は、対等の精神に基づき、株価の動向、第三者機関の査定等を考慮したうえ株式比率を決定する。
第3条(合併の方法)
甲および乙は、対等の精神に基づき合併するが、手続上の存続会社は甲とし、合併後に新社名とする。
第4条(合併時期)
甲および乙は、平成Ο年Ο月Ο日を目途に合併する。
第3条(合併の日程)
甲および乙は、概ね以下の日程により合併の手続きをすすめる。
株主総会の承認 平成Ο年Ο月Ο日
合併契約書締結 平成Ο年Ο月Ο日
・・・・・・
 
以下、基本合意に達した事項を記載。
第Ο条(新社名)
第Ο条(代表者)
第Ο条(発行株式)
第Ο条(決算期)
第Ο条(上場証券取引所)
など
 
第Ο条(協議事項)
甲および乙は、以上の基本合意に従い合併にむけ、相互に協力して手続きをすすめるものととする。
尚、本書に規定のない事項については、互いに協議したうえ決定する。
 
以上の通り、甲と乙の間に合併の基本合意が成立した証として、本書を2通を作成し、甲乙それぞれ署名捺印のうえ各1通を保有する 。

平成Ο年Ο月Ο日 (必ず日付を記載する)

       甲  住 所
          会社名           社印
          役 職
          氏 名           印
               (自署又は記名/捺印)
 
       乙  住 所
          会社名           社印
          役 職
          氏 名           印
               (自署又は記名/捺印)

以 上


12月時候の挨拶

[時候の挨拶/結び]

12月上旬
師走の候
初冬の候
季冬の候

12月中旬
霜寒の候
寒気の候
激寒の候

12月下旬
忙月の候
歳末の候
歳晩の候

ProPortal文例集 homepolicy運営者情報免責事項文例の転載について