覚書(賃料改定)文例と書き方

覚書(賃料改定)文例

覚書(賃料改定)文例と書き方-掲載文例/例文はテンプレートとしてそのままWord(ワード),EXEL(エクセル),一太郎/メールにコピーしてご利用いただけます。 文例中に括弧で括られた語句または文章は、ご自身の状況や心情に応じて選択してください。

(アパート/建物/借地)賃料改定の覚書

賃貸人 甲 ОΟОΟ(以下、甲という)と賃借人 乙 ОΟОΟ(以下、乙という) 、乙の連帯保証人 ОΟОΟ(以下、丙という)は、 平成Ο年Ο月Ο日付け(アパート賃貸借/建物賃貸借/土地建物賃貸借)契約書 第Ο条(賃料) に関して以下のとおり、改定することに合意し、ここに覚書を交わした 。

第1条(改定の内容)
 賃 料 金ОΟОΟ円/月
 共益費 金ОΟОΟ円/月
と改定する。
第2条(改定の期日)
平成Ο年1月1日より、第1条の賃料に改定する。 よって、平成Ο年12月末日を期限ととする1月分賃料支払いから上記金額が適用される。
第3条(原契約との関係)
本覚書は、原契約書と一体をなすものとする。
 
以上、甲乙丙の間で賃料改定に関して合意した証として、 本書を3通を作成し、甲乙丙それぞれ署名捺印のうえ各1通を保有する 。

平成Ο年Ο月Ο日 (必ず日付を記載する)

    賃貸人(甲)住 所
          会社名           社印
          氏 名           印
               (自署又は記名/捺印)
 
    賃借人(乙)住 所
          氏 名           印
               (自署又は記名/捺印)
  連帯保証人(丙)住 所
          氏 名           印
               (自署又は記名/捺印)

以 上


12月時候の挨拶

[時候の挨拶/結び]

12月上旬
師走の候
初冬の候
季冬の候

12月中旬
霜寒の候
寒気の候
激寒の候

12月下旬
忙月の候
歳末の候
歳晩の候

ProPortal文例集 homepolicy運営者情報免責事項文例の転載について