覚書(書式)と書き方

覚書(書式)文例

覚書(書式)と書き方-掲載されたビジネスメール、ビジネス文書、手紙の文例/例文はテンプレートとしてコピー&ペーストして利用いただけます。 文章は、社内か客先宛など様々な状況で書き方が異なり、状況や目的に一致する文例を提供できません。そのため当サイトの文例又は例文には文章作成の一助として多数の書き換え語句や文章を挿入してあります。状況や心情に応じて選択してご利用ください。

覚書

甲ОΟОΟΟと乙ОΟОΟΟは以下の事項に関して(合意、確認、承認)した 。

合意、確認、承認項目の書き方の注意
1)契約書に倣って項目をわけして書く。
2)期日や条件を明確にする。
3)努力目標は、それが明確となるよう書く。
4)曖昧な表現を排除して書く。
 
以上を(合意、確認、承認)した証として、本書面を2通作成し、甲乙署名捺印の上、各々1通を所持する 。

平成Ο年Ο月Ο日 (必ず日付を記載する)

       甲  住 所
          会社名
          役 職
          氏 名           印
               (自署又は記名/捺印)
 
       乙  住 所
          会社名
          役 職
          氏 名           印
               (自署又は記名/捺印)

以 上

【表記方法について】
本サイトでは、手紙、はがきやビジネス文書等の紙ベースの文例又は例文は【ОΟ文例/例文】、メールは【ОΟメール文例/例文】と表記されています。また、ビジネス文書は、【ビジネス ОΟ文例/例文】、雛形は【ОΟ書式】と表記しています。

関連文例&コンテンツ

ProPortal文例集 homepolicy運営者情報免責事項文例の転載について