拒絶状(損害のお詫びへの返信_目上の方宛)メール文例と書き方

拒絶状(損害のお詫びへの返信_目上の方宛)メール文例

拒絶状(損害のお詫びへの返信_目上の方宛)メール文例と書き方-掲載文例/例文はテンプレートとしてそのままWord(ワード),EXEL(エクセル),一太郎/メールにコピーしてご利用いただけます。 文例中に括弧で括られた語句または文章は、ご自身の状況や心情に応じて選択してください。

件名:(メール読まさせていただきました/ΟΟ様のお気持だけは承りました/(メール/お便り/電話)のお返事/メールの件)


ΟОΟО(様/さん)
 
(先般/この度)のメール(読まさせていただきました/拝読いたしました)。
(弁償していただけるとのことですから/なくしてしまったもの仕方ありませんので)、(それのことを責めるつもりはございません/私としては何も申し上げることはありません)が、(何と申しますか/どうしても)、今は○○(様/さん)と(お会いする気になりませんで/前のようにお付き合いできる自信がありませんので)、(しばらくは/当面は)、(私に構わないでください/ご連絡をくださいませんようお願いいたします)。
 
または
 
お詫びの(お電話/メール/お便り)頂戴して恐縮です。
ΟΟ様(には申し訳ないのですが/のお気持は(承知いたしておりますが/受け止めましたが)/のお気持はお察ししますが)、(大事にしていたものでもありショックが大きくて/気持の整理がつきませんで/諦めがつきませんで)、(今しばらく/当面は)私(構わないでいただきますよう/のことはお気にかけられませんよう)お願い申す仕上げ(ます/る次第です)。
 
または
 
お貸した○○をなくしてしまったとのことで、ΟΟ様には反省されている(ようでありますが/ご様子ではありますが)、私としても未だ(気持の整理もできておりません/諦めることもできず、ΟΟ様のことを直ちに許すことができません)。
○○(様/さん)には(申し訳ございませんが/心が狭いと思われるかもしれるのは承知してますが)、メールやお電話などなさいませんようお願いいたします。
 
または
 
メールは、読まさせていただきましたが、正直申しまして(誠意が感じられませんで/反省の気持が感じれませんで/言い訳がましく感じられ)、申し訳ないのではありますが、(今後は私を構わないでいただきますようお願いいたします。
また、今後は(ご連絡/お電話など)(ご遠慮いただきたく存じます/固くお断り申し上げる次第です)。
 
または
 
(私がΟΟ様の話しを信じてしまったのが悪いのですが/旨い話しに欲を出したのがいけなかっつたと諦めるしかいとはいえ)、(今はまだ/どうしても/絶対に)(○○さんを許せません/諦めがつきません/ΟΟ様の顔もみたくありません)。
(失礼ながら/不躾ですが/申し訳ありませんが)、(今後二度と/当面は/しばらくは)(連絡されませんようお願いします/電話などご遠慮ください)。
 
*************************
      署名
*************************

お断り文例と書き方

各種お断りの文例と書き方一覧と 断り状関連コンテンツです。

6月季節/時候の挨拶

6月時候の挨拶 [詳細:時候の挨拶と結びをご参照ください。)
6月上旬 (入梅/薄暑/麦秋)の(候/みぎり)
6月中旬 (梅雨/長雨/短夜)の(候/みぎり)
6月下旬 (梅雨晴れ/初夏/向暑)の(候/みぎり)
ProPortal文例集 homepolicy運営者情報免責事項文例の転載について