備品/鍵等紛失の反省_念書文例と書き方

備品/鍵等紛失の反省_念書文例

備品/鍵等紛失の反省_念書の文例と書き方-掲載文例/例文はテンプレートとしてそのままWord(ワード),EXEL(エクセル),一太郎/メールにコピーしてご利用いただけます。 文例中に括弧で括られた語句または文章は、ご自身の状況や心情に応じて選択してください。

株式会社 ○○○○
(○○部長/支店長)
ΟООΟ 殿

念 書

私は、(配送中/客先作業中/営業中)に会社の備品であるОΟОを紛失してしまいました。
または
この度、私の不注意で(事務所玄関/○○)の鍵を紛失してしまい、多くの皆様に多大なご迷惑をおかけしてしまいました。
 
この度の○○紛失は、ひとえに私の(気の緩み/不注意/怠慢)が招いたことであり、深く反省しております。
または
(事務所玄関/○○)の鍵であり、取扱いには細心の注意を払うべきことは当然であるにもかかわらずこのような事態を引き起こし、深く反省しております。
 
今後は、二度とこのような事態を引き起こさないよう、(気持ちを引き締めて/注意を払って/備品の管理には細心の注意を払って)まいりますことを念書をもって(確約/お約束/お誓い)したします 。
または
今後は、二度と会社に(損害を与え/ご迷惑をかけ)ないよう(肝に銘じて/注意を払って)まいることをここにお6誓いし、念書を提出いたします。

平成Ο年Ο月Ο日

          ○○部○○課
          氏名 ΟОΟΟ 印
          (自署又は記名/捺印)


12月時候の挨拶

[時候の挨拶/結び]

12月上旬
師走の候
初冬の候
季冬の候

12月中旬
霜寒の候
寒気の候
激寒の候

12月下旬
忙月の候
歳末の候
歳晩の候

念書文例と書き方

各種念書の文例と書き方一覧と念書関連コンテンツです。

念書文例一覧

ProPortal文例集 homepolicy運営者情報免責事項文例の転載について