拒絶状(連帯保証の断り_目上の知人)メール文例と書き方

拒絶状(連帯保証の断り_目上の知人)メール文例

拒絶状(連帯保証の断り_目上の知人)メール文例と書き方-掲載文例/例文はテンプレートとしてそのままWord(ワード),EXEL(エクセル),一太郎/メールにコピーしてご利用いただけます。 文例中に括弧で括られた語句または文章は、ご自身の状況や心情に応じて選択してください。

件名:(メールの件のお返事/お願いをお受けした件/保証人の件のお返事/RE:○○の件)


ΟООΟ 様
 
(○○/○○の○○)です。
 
○○(様/さん)よりいただきました(ご依頼内容に関しまして確認/(お便り/メール)拝読)いたしました。
他ならぬΟΟ様の(ご依頼/お願い)であり、私としては(前向きに考えさせていただきました/何とかお受けする方向で検討いたしまして)が、(嫁をどうしても説得できませんで/ΟΟ様の(事業のこと/置かれている状況)を存じ上げない私には(事業の先行き/将来の見通し)について判断できませんで)/万が一のことはないとしてもその決断ができませんで)、申し訳ないのですが、この度のことは他に方にご依頼いただけますますれば幸です。
ΟΟ様とのご交誼は大切にしてまいりたいと思っておりますがので、この度のことお許しいただき今後とも変わらぬご交誼を賜りますようお願い申し上げます。
取り急ぎ、先日のお返事まで申し上げます。
 
または
 
この度メールいたしましたのは、他でもなく先日○○(様/さん)より(お願いされました/ご依頼されました/ご相談をお受けしました/お話をいただいた)ことのお返事です。
○○(様/さん)には、(日頃より何かとお世話になっております/長く付き合いしてもらってます)ので、(何とか/私にできることでさえあれば)お力になりたいのですが、(実は、私の父が保証倒れで苦しんだ経験があって保証人になることに人一倍の抵抗感がありまして/(妻/両親)から強く反対されてしまいまして/私のこれまで貫いてきた信条に反することでありまして/私はこれまでも親類縁者であっても保証人だけはお断りしておりまして)(この度/保証人)こと(はご辞退させていただきます/だけはご勘弁いただきますよお願いいたします)。
○○(様/さん)(のご心情をお察しすると申し訳ないとは思うのです/のお困りのご様子はお察しします)が、(私の信念として保証人にはならないと心に誓っておりましてで/主人がらこのようなことはしないよう厳しくいわれておりますので)、(今後とも/このようなことは)、(ご勘弁いただきますようお願いいたします/ご遠慮いただければ幸いです)。
ΟΟ様(の状況が好転しますことを心より/他の誰かが早く見つかることを)お祈り申し上げます。
 
または
 
さて、この度の(お便り/お手紙/メール)は、他でもありません(先日(お願いされました/ご依頼のありました)/お電話いただいた)(件のこと/こと/ことのお返事)です。
(先日のお願い/この度/今回/お電話/メール)のことで(私としても他ならぬΟΟ様のことでから考えさせていただき/その後、悩みんでおりました/一晩じっくり考えていただき)が、(嫁をどうしても説得できませんで/万一のことも考えますので)、(申し訳ないことですが、この度のことはご勘弁いただけますようお願いいたします/他の方にご相談いただければ幸いです)。
この度は、(ご期待にお応えできません/友だち甲斐のないことをなしてしまいます)が、他のことで何かお力になれることがありましたら遠慮なくご連絡いただければ幸いにです。
(失礼ながら/取り急ぎ、)メールにて先日のお返事とまで申し上げます。
 
*************************
      署名
*************************

謝意、お詫びの意を含む場合は:
個人的詫び状(連帯保証の断り_目上の知人宛)_お詫び_文例/例文 をご参照ください。

12月時候の挨拶

[時候の挨拶/結び]

12月上旬
師走の候
初冬の候
季冬の候

12月中旬
霜寒の候
寒気の候
激寒の候

12月下旬
忙月の候
歳末の候
歳晩の候

ProPortal文例集 homepolicy運営者情報免責事項文例の転載について