断り状(知人間の喧嘩仲裁の依頼)メール文例と書き方

断り状(知人間の喧嘩仲裁の依頼)メール文例/書き方

断り状(知人間の喧嘩仲裁の依頼)メール文例-掲載されたビジネスメール、ビジネス文書、手紙の文例はテンプレートとしてコピー&ペーストしてご利用いただけます。 文例中に括弧で括られた語句または文章は、ご自身の状況や心情に応じて選択してください。

件名:(お願いされましたことのお返事/ΟΟのお返事/ΟΟさんとのこと/RE:ОΟの件)


ΟООΟ 様
 
(ОΟ/ΟΟのОΟ)です。
 
この度メールしましたのは、(他でありません/先日お話をお聞きした/お願いされました)(ΟΟさんとの喧嘩の仲裁の件/ΟΟさんとこと)です。
または
日頃は、何お世話になっております。
または
早速ながら、(先日/昨日)(お電話をいただいて/のメールを読ませていただき)、(私なりに考えてみました/一晩じっくり考えました)。
または
ΟΟさん、ΟΟさん(に仲直りのお話をすること(ができませんでしたこと/をお断りしてしまいましたこと)/とのことお役に立てませず)申し訳ございません。
 
早速ながら、(先日/昨日)(お電話をいただいて/いただいた手紙拝読しまして/のメールを読ませていただき)、(私なりに考えてみました/一晩じっくり考えました)。
または
ОΟ(さん/様)と(のこと、お話をお聞きして/の仲たがいを知りまして)(驚いております/何とか(仲直りできないかと/ならないのかと)案じております)。
または
(メールを拝読/お話をお聞き)して、ΟΟさんの(ご心中/辛いお立場/苦しいい胸の内)お察します。(しかしながら、/とは申しましても/実を申しますと)、(私はΟΟさんのことをあまり良く存じ上げません/私もΟΟさんと仲たがいをしてとりまして、最近は疎遠となっておりまして/私も先日些細なことで(口論となり/喧嘩/気分を害してしまい)それ以来、以前ほど親しい関係でなくなっておりまして)申し訳ないことではありますが、私にはお力になれないのです。
または
(その時に状況を/お話を/お二人の(お考え/ご事情)を)お聞きしまして、(この件に/この度のことはお二人のことですから(第三者である/無関係の)/この件はОΟですから)私が口を挟むのは、(筋ちがい/さし控えたほうがよい/ますます話しをこじらせる)(のではないか/と)(思いまして/考えるに至りまして)、ΟΟさんには申し訳ですが、今回のことは何方か他の方にお願いしていただければ幸いに存じます。
 
ОΟ(さん/様)の(お願い/ご依頼/たってのお願い)をお断りするのは心苦しいのですが、どうか(ご理解/ご容赦)いただきますようお願いいたします。
または
今回は、(誠に申し訳ないことをしてしまいました/友だち甲斐のないことをしてしまいますが/お役に立てません)が、(今後とも仲良くしていただき/変わらぬご交誼を賜り)ますようお願い申し上げます。
または
ОΟ(様/さん)には、(たいへんお困り/打つ手がなく/苦しい状況で)私(に助けを求められた/にご相談いただいた)にもかかわらず(お役に立てません/友だち甲斐のないことです)が、とうかご理解いただきますようお願いいたします。
 
影ながらΟΟさん(との仲直りができます/とのことが早く解決します)ことをお祈りいたします。
または
取り急ぎ、先日のお返事とお詫びまで申し上げます。
 
*************************
      署名
*************************

謝意、お詫びの意を含む場合は:
個人的詫び状(知人間の喧嘩仲裁のお願いの断り)_お詫び_文例 をご参照ください。
【表記方法について】
本サイトでは、手紙、はがきやビジネス文書等の紙ベースの文例は【ОΟ文例】、メールは【ОΟメール文例】と表記されています。また、ビジネス文書は、【ビジネス ОΟ文例】、雛形は【ОΟ書式】と表記しています。

お断り文例/書き方

各種お断りの文例一覧と断り状関連コンテンツです。
ProPortalメール&手紙文例集 homepolicy運営者情報免責事項文例の転載について