取締役会議事録(利益相反)文例と書き方

取締役会議事録(利益相反)文例

取締役会議事録(利益相反)文例と書き方-掲載文例/例文はテンプレートとしてそのままWord(ワード),EXEL(エクセル),一太郎/メールにコピーしてご利用いただけます。 文例中に括弧で括られた語句または文章は、ご自身の状況や心情に応じて選択してください。

取締役会議事録

平成Ο年Ο月Ο日(Ο曜日)午前Ο時Ο分より当会社本店会議室において取締役会を開催した。
  取締役の総数 Ο名  出席取締役の数 Ο名
  監査役の総数 Ο名  出席監査役の数 Ο名
以上のとおり出席があったので、本取締役会は適法に成立した。代表取締役ОΟОΟが議長となり、定刻に開会を宣し、直ちに議案の審議に入った。
 
第Ο議案 株式会社ΟООとの金銭消費貸借契約締結の件
 議長より、取締役ΟООΟが代表取締役社長を務める株式会社ООΟと(以下/別紙)のとおり金銭消費貸借契約を締結すことについて、その経緯、株式会社ООΟの信用状態、返済見通しなど説明をした後、 契約締結の是非に関して本会に諮ったところ異議なく、可決承認された。
 なお、取締役ΟООΟは本件特別利害関係のため、議決には参加しなかった。
 
 融資/貸付金額 ******円
 貸付日 ******円
 返済方法 *******
 利息  年利****
 連帯保証 *******
 担保設定 *******
 
以上をもって本取締役会の議案を終了したので、議長は閉会を宣し、午前Ο時Ο分に散会した。
 
上記の決議を明確にするため、本議事録を作成し、議長および出席取締役(、監査役)がこれに記名捺印する。
平成Ο年Ο月Ο日
株式会社ΟООΟ取締役会
議長  代表取締役社長 ΟООΟ 印
     取締役副社長   ΟООΟ 印
     専務取締役    ΟООΟ 印
     専務取締役    ΟООΟ 印
     常務取締役    ΟООΟ 印
       取締役     ΟООΟ 印
       監査役     ΟООΟ 印
 

利益相反取引とは、会社との取引によって会社や自己または第三者に不利益または利益を与えるおそれのある取引のことです。
 
会社法では、取締役が自己または自己の利益と関連性の強い第三者と会社との間で売買や融資などの取引を行うには、取締役会の承認が必要と定めています。
 
承認の議決が必要な内容は、
1)取締役が自己又は第三者のために株式会社と取引をしようとするとき。
1.取締役と会社間でする売買契約
2.会社からする取締役への贈与
3.取締役からする会社への負担付贈与
4.取締役からの利息付による会社への金銭貸付
5.会社からする取締役への債務免除
6.取締役が受取人となる約束手形の振り出し
2)株式会社が取締役の債務を保証することその他取締役以外の者との間において株式会社と当該取締役との利益が相反する取引をしようとするとき。
1.会社が第三者と取締役の債務の保証をする契約
2.会社が第三者とする取締役の債務引受契約
3.会社が不動産に取締役を債務者とする抵当権などを設定する契約

取締役会議事録文例と書き方

各種取締役会議事録の文例と書き方一覧と取締役会議事録関連コンテンツです。

取締役会議事録文例一覧

1月季節/時候の挨拶

1月時候の挨拶 [詳細:時候の挨拶と結びをご参照ください。)
1月上旬 (新春/初春/寒冷)の(候/みぎり)
1月中旬 (仲冬/酷寒/厳寒)の(候/みぎり)
1月下旬 (厳冬/寒風/大寒)の(候/みぎり)
ProPortal文例集 homepolicy運営者情報免責事項文例の転載についてsite_map