詫び状/謝罪の返信_個人-会社(火災/小火のお詫び)への返信メール文例と書き方

詫び状/謝罪の返信_個人-会社(火災/小火のお詫び)への返信メール文例

詫び状/謝罪の返信_個人-会社(火災/小火のお詫び)への返信メール文例-掲載文例/例文はテンプレートとしてそのままWord(ワード),EXEL(エクセル),一太郎/メールにコピーしてご利用いただけます。 文例中に括弧で括られた語句または文章は、ご自身の状況や心情に応じて選択してください。

件名:(○○火災のお詫びの件/貴社事務所小火の件/当方に被害はありませんでした/火災の対応ついての回答/今後ご注意ください/○○は(保留にします/考えなおさせてください/白紙にします)/○○の件)


株式会社○○○ ○○部
(ΟО/ご担当者)様
 
(貴社より「○○事務所の(火災/小火)のお詫び」文書を頂戴した/私が不在の折、貴社の火災の件でご訪問いただいた)○○町○○の○○と申します。
(先般お小火の件では、ご丁寧にもお詫びに来られた/(わざわざ/先日)(ご訪問/ご足労)いただいた)とのことで恐れ入ります。(また、(結構な品/お詫びの品)まで頂戴し感謝いたしております/貴社におかれましては、(甚大な被害/被害があった)とのことで心よりお見舞い申し上げます)。
なお、(先般の(火災/小火)で/お尋ねの(被害の有無/こと)ですが、)(当家/私ども)には、全く被害はありませんでしたので(ご安心ください/ご心配には及びません/お気遣いは無用にされてください)。
取り急ぎ、(お尋ねの件のご回答/お礼方々)お返事まで。
 
または
 
(貴社の火災の件でお詫びの文書をいただき/私に不在の折、ご訪問をいただいたとのことで)メール(した次第です/しました)。○○の○○と申します。
(お尋ねの当方の被害は、ありませんでしたので、ご心配には及びません/早速ながら、貴社の○○火災での被害ですが、当方は大丈夫でした/火災(の際は、(肝を冷や/はらはら)/が起きた時は、本当に驚き動揺も)しましたが、(直ぐに/大事至らず)鎮火したので当方には被害はありませんでした)。
(とは申しましても/とはいえ)、(穏やかな生活を一時的でも乱されたのも/一時避難するなど心配な(時間/夜)を過ごしたのは)確かです。
貴社におかれまして、今後二度とこのようなことのないよう重々ご注意いただきますようお願い申し上げます。
取り急ぎ、(お尋ねの件へのお返事/被害の有無のご回答)まで。
 
または
 
先般の火災で(被害の確認でご訪問いただいた/少しではありますが、○○が○○した)○○町の○○と申します。
(その際、不在にしておりましたのでお伝えできませんでしたが/先日もお伝えしましてとおり)、(当家/私ども)の被害は、(○○が○○した程度なので特に問題ありません/垣根が少し崩れた程度の軽微なものです/消火の際の水が家にかかって程度でそれで何かが壊れたこともありません)。
(それに対する補償に不服はございません/よって、貴社から特に何か補償していただく必要はありません)が、今後はこのようなことのないよう対策を徹底いただきますよう切にお願いいたします。
または
(しかしながら/とはいえ)、(夜中に起こされて大変な思いをしました/(心配で/片付けなどで)(翌日/その日)は、会社を休まざるを得なかった)。
貴社では、火災で迷惑をかけた各家庭に見舞い金の支払いを(予定されている/検討してる)とのことで、それには不服はありませんが、(それとともに/それよりも)再発防止の対策徹底を是非ともお願いいたします。
取り急ぎ、(お尋ねの件へのお返事/被害の有無のご回答)まで。
 
************************
      署名
*************************


8月時候の挨拶

[時候の挨拶/結び]

8月上旬
避暑の候
新涼の候
納涼の候

8月中旬
残炎の候
残暑の候
残夏の候

8月下旬
暮夏の候
晩夏の候
向秋の候

お詫び/謝罪(ビジネス文書/対会社宛)の返事文例/メールと書き方

各種お詫び/謝罪の返事文例/メールと書き方の一覧と関連コンテンツです。
ProPortal文例集 homepolicy運営者情報免責事項文例の転載について