無許可写真/個人情報投稿/誹謗/中傷 お詫び/反省への返信メール 文例

無許可の写真/個人情報ネット投稿をされた お詫び/反省への返信メール 文例(知人宛)


件名:(メール読みました/今度から注意してくださいね/今更しょうがないからもう(気にしないでください/いいですよ)/(写真/〇〇投稿/〇〇記事)の件/メールの件)


(〇〇さん/〇〇へ)
 
メールは読んだよ。
(これから気をつけてもらったらいいよ/今更しょうがないからもういいですよ)。
(もう、僕は大丈夫だから気にしないでくださいね/でも、これからは気をつけてくださいね)。
 
または
 
私の(写真を投稿した/〇〇にいろいろ書いた/〇〇を〇〇にのせた)こと(悪いと思っている/反省している/が良くないことだと分かってもらえた)みたいだから今回(は許す/はもういい/だけはこれ以上はもう言わない)けど、これからは、(注意してくれよ/私の写真を〇〇に乗せるときは許可をもらってね/絶対にあんなこと(書かないで/しないで)ね)。
それじゃまた。
 
または
 
(あのことでは、本当に(困ったことになった/迷惑した)から酷いことを言ってしまった/その時は少し(頭にきてた/感情的になってた)からきつくいってしまって)(ごめんね/すまなかったね)。
(でも、無許可で〇〇に〇〇をのせるのは良くないことだからそれを分かってもらえてよかったよ/君があまりにも(個人情報に/プライバシーに)関して(配慮が足りなかった/無頓着だ)から少しきついことを言ったんだけど、これで良くわかってもらえたようだから安心したよ)。
(だから/これからは)(本当に注意してくれな/あんなことは二度としないでくださいね)。
 
または
 
(無断で〇〇にあんなこと書くなんで確かに酷いし、絶対に許さないと思ってた/この前のことは、(僕としても本当に頭にきた/あれは酷すぎる/度か過ぎてた)と思うんだけど、君が(本当に反省している/誠意も持って謝ってくれてる/悪いことに気づいて謝ってきた)から今回(だけ)は、(大目にみつことにするよ/許すことにしたよ)。
(とはいっても/今回は許すけど/でもな)(これからはあんなことはしないと誓ってくれな/二度とあんな酷いことははやめてくれよな)。
(頼むよ/じゃまたな)
 
または
 
(あれは酷いよね/この前のことは良くないと思うよ)。
でも、(こんなことで君とずっと(仲直りしないでいるのは/憎むのは)(忍びない/本意でない/いやだ)/いつまでもそのことを根に持ってても仕方ない)から今回は(許すよ/もうこの辺でお互い仲直りしような)。
僕は、君を(友だちだと/本当はともていいやつだと)思ってるから(あんなこで仲たがいはしたくない/嫌いになりたくない/(前の失敗を/あのことを)いつまでも根に持っていても仕方ない)から(もうあのことは/今回のことはお互い)忘れてて今までとおりやっていこうな。
じゃまたな
 
*************************
      署名
*************************

無許可の写真/個人情報ネット投稿をされた お詫び/反省への返信メール 文例(加害者宛)


件名:(メール読まさせていただきました/お詫びを頂戴し恐縮(に存じます/です)/〇〇様のお気持承りました/メールの件)


〇〇〇〇(様/さん)
 
(先般/写真の投稿)のことでは、ご丁寧なお詫びのメールをいただき(恐れ入ります/ありがたく存じます/恐縮しております)。
私としは、(今後は少しばかりご注意申し上げただけでしたので/今後ご注意いだくだけで良かった)ので、〇〇(様/さん)(からお詫びのメールをいただき恐縮(しております/するばからりです)/には(全く/もう/さほど)お気になだらないでください)。
(今後とも/それと/また、)〇〇(様/さん)には(ご交誼を賜り/仲良くしていただき)ますようお願い申し上げます。
 
または
 
(先般/この度)のメール(読まさせていただきました/拝読いたしました)。
〇〇(様/さん)も(この前のこと/〇〇ことで)、(深く反省されているようであります/〇〇に(個人情報をむやみに/許可なく〇〇を)(掲載し/のせ)てはいけないことがお分かりになったようです)ので、今回(に関してはもう仕方がないことと諦めますが/だけは、これ以上なにも申しませんが)、今後はくれぐれもご注意いただきますようお願いいたします。
 
または
 
(先般/写真の投稿)のことでは、(失礼ことを申しましたが/〇〇ぐらいでと思われたかもしれまえんが/些細なことに口うるさいことを申しましたが)、実は、そのことで私は(〇〇が判明して/〇〇から〇〇されて/〇〇ができなくなって)しまいまして、(残念な思いをしました/些か問題となりました/少しばかり困った状況になってしまいました)。
〇〇(様/さん)には、(軽い気持だった/個人情報に関する意識が低かった)のでしょうが、人によるとこのようなことがある(ことを認識していただけますようお願いいたします/ということだけは肝に銘じていただきたく存じます)。
今回のとは(もう諦めもつきました/何とかしました/今更どうしようもありません)から(これ以上は申しませんが/今後は)、(重々/より一層/くれぐれも)ご注意いただき(たく存じます/ますことをお願い申し上げます)。
 
*************************
      署名
*************************

- ▲をクリックで表示/非表示切替 -

ネットでの誹謗/中傷をされた お詫び/反省への返信メール 文例(知人宛)▲

ネットでの誹謗/中傷をされた お詫び/反省への返信メール 文例(加害者宛)▲

文例一覧policy運営者情報免責事項