返済不能/破産/法的債務整理 謝罪への返事 文例

返済不能/破産/法的債務整理 謝罪への返事 文例,例文,書き方-時候の挨拶文や文例/例文/書式,テンプレートはコピー&ペーストして利用いただけます。 その多くの文例,例文には、置き換え語句や意味の異なる文章や文言が入っています。自身の状況や心情に合った文言を選択や変更をして利用ください。
手紙/ハガキの書き方一覧
時候の挨拶   手紙   ハガキ   封筒   宛名   便箋折り方

返済遅延 謝罪への返事 文例(保証人から主債務者宛)

拝復 (先日/先般/この度)のことでは、(わざわざ/私が不在の時)(拙宅まで/家に)お詫びにお越しいただきまして、(恐縮至極に存じます/恐縮いたしております/恐れ入ります)。
または
(冠省/前略) 早速ながら、ΟΟ様には(保証人にあったОΟ銀行の融資の返済が遅れた/ΟΟから連帯保証人である私に(返済を迫る連絡/督促)があった)ことを(相当に気になさって/気に病まれて)おられるとお聞きしまして(メールをいたした次第です/お便りいたしました)。
または
(冠省/前略) 早速ではありますが、先般のことでお詫びの(メールを/お便り)(拝読さ/読ま)せていただきました)。
または
(冠省/前略) この前のこと(君に事情はよく分かったよ/の(お詫び)の(メール/お便り)読みました)。
 
さて、ОΟ銀行からΟΟ様がОヶ月もОΟの返済が滞らせていると(連絡/説明)されたときは、(本当に驚きました/信じられませんでした)。
しかし、ΟΟ様に連絡したら(近々支払いができるとお聞きして/銀行と話しができて私が(代位返済しなくよい/返済に応じる必要がなくなった)ことが分かり)、本当に安堵いたしました。 または
先日は正直申しまして、ΟΟ様に限ってそんなことはあり得ないと信じておりましたので、銀行からの連絡に自分の耳を疑いましたが、(単なる事務処理上のミスだった/海外出張で連絡が取れなかっただけと)と分かるまでは(肝を冷やしておりますた/どうしたものかと案じて/本当に心配して)おりした。
または
ΟΟ様(には、大変な状況であることは理解できました/のご事情は分かりました)が、正直このようなことが繰り返されると(ΟΟ様の信用状態を疑わざるを得ません/信用できなくなってしまいます)。
または
この前のこと本当に驚いたよ。
(僕は君を信じて保証人になったんだから/頼むから)もうこんかことはないようにしてくれな。
または
ΟΟ様には申し訳ないと思いましたが、(お恥ずかしいことに私もあまり余裕がありませんで/動揺してしまい)、つい(きついことを申してしまいした/感情的になって返済するように迫ってしまいました)。
(どうかご無礼の段お許しくささい/何卒、先日のことお許しいただきたく存じます)。
 
(とは申しまして/しかしながら)、同様のことを繰り返されると(ΟΟ様の信用状態を疑わざるを得なくなります/信用できなくなってしまいます)ので、どうか今後はお気を付けいただき(たく存じます/ますようお願い申し上げます)。
または
ΟΟ様には、何卒二度とこのようなことのないよう肝に銘じていただけますようお願いいたします。
万が一再度このよう(ことになることが予想される場合はその前にご一報いただきますようお願い/なことがありましたら、他の方に連帯保証人を変更していただくしかありませんので、ご承知おきください。
または
(もしまた/もうないとは思うけど)同じことがあるときは(心臓に悪いから/いろいろ厄介なことにならないように)ちゃんと連絡だけはくれな。
または
この度のことでは、(ΟΟ様にはお気を悪くされたことでしょう/少しばかり波風がたってしまいました)が、私はΟΟ様を信じておりますので、(今後とも/何卒)変わらぬご交誼を賜りますようお願い申し上げます。
または
(取り急ぎ、/略儀ながら書中にて)先日のお返事まで申し上げます。

敬具/草々(書き手が女性の場合)

令和Ο年Ο月Ο日

ΟООΟ

ΟООΟ 様

関連文例/例文一覧

代位返済 謝罪への返事 文例(保証人から主債務者宛)

拝復 (先般/代位弁済/借金の肩代わり返済をした)のことでお詫びの(メールを/お便り)(拝読さ/読ま)せていただきました)。
私とはして、(自身で決めて/ΟΟ様を信じて)連帯保証人になった以上は、その責任は果た(ことは当然のことであり/さないといけませんので)、ОΟ銀行からの(片代わり返済/代位弁済)に応じた次第であります。
または
(冠省/前略) 早速ではありますが、私が保証人になっているОΟ銀行の(借入れ返済/ローン)がОヶ月滞っていると(お電話でお聞きして/相談されて)、どう(すべきか考えました/したのかと案じておりました)が、このままでは、銀行は連帯保証人である私に(督促する/支払いを要求する)のは(明らか/時間の問題)でありますでの滞っている(О万円/Оヶ月)は、(肩代わりして支払う/ΟΟ様にご用立ちする)ことにいたしました。
または
(冠省/前略) この度のことは、(甚だ遺憾/私としても大変残念なこと)でありましたが、(今更保証人になったことを後悔してもどうにもなりません/ΟΟ様(を恨んでも/に返済ができない以上は)仕方ないことであります)ので、(代位弁済/肩代わり返済)をいたしました。
 
(しかしながら/とは申しましても)、私としては(代位弁済に応じないことで給与の差し押さえなどの処理を取られてしまうと困る/自身の信用情報に傷をつけるのを回避する)ために成したことでありますので、ΟΟ様には、(必ずや肩代わりしたОΟ円は返済いただきたく存じます/今後は先日お約束した金額を確実に私に返済いたただきますようお願いいたします。
または
ΟΟ様の(窮状/ご事情)は(分かりました/理解して)おりますので、直ぐに返済(を迫るりは/してくれとは申)しませんが、(余裕ができたときに/必ずや)お返しいただ(きたく存じます/けますようお願い申し上げます)。
または
(しかしながら/とはいえ)、私も余裕がある訳ではありませんので、できる限り早く今回肩代わりしたОΟ円はお返し(いただきますようお願いします/ください)。
または
ΟΟ様(には、大変な状況であることは理解できました/のご事情は分かりました)が、正直このようなことが繰り返されると信用できなくなってしまいます。
 
先日の(お便り/メール/ご相談/ご依頼)のお返事まで。
または
ΟΟ様には、何卒二度とこのようなことのないよう肝に銘じていただけますようお願いいたします。
万が一再度このようことになることが予想される場合はその前にご一報いただきますようお願いいたします。
または
(取り急ぎ、/略儀ながら書中にて)(肩代わり/代位弁済)依頼のお返事まで申し上げます。

敬具/草々(書き手が女性の場合)

令和Ο年Ο月Ο日

ΟООΟ

ΟООΟ 様

返済不能 謝罪への返事 文例(保証人から主債務者宛)

拝復 (メールを/お便り)(拝読さ/読ま)せていただきました。
または
(お電話/先日の(ご相談/お便り)/メールを読ん)でΟΟさんの(窮状/状況)は分かりました。
または
メール読んだよ。
 
(保証人になってしまったんだ/今更どうしようもない)から僕が払うしかないよな。
でも、僕も余裕があるわけではないから(今は無理でも必ず/少しくらいは)返してくれな。頼むよ。
または
どんなにお詫びをされても状況は変わらないからもういいよ。
仕方ないから僕が払うしかないようだからΟΟには僕からそう伝えるよ。
とはいえ、君は僕が肩代わりした分を返す義務がることだでは忘れないで(くれな/ください)。
または
まさか(ΟΟ様に限ってはと今でも信じられませんで/こんなことになるとは思ってもみませんで)したが、(それが現実ですので/今は)私が支払うしかない(と判断しました/と諦めました/決心がつきました)。
とはもうしましても、残念でなりません。どうか今後は少しずつでも肩代わりした分をご返済いただけますようお願いするばかりです。
または
私とはして、(自身で決めて/ΟΟ様を信じて)連帯保証人になった以上は、その責任は果た(ことは当然のことであり/さないといけませんので)、ОΟ銀行からの(片代わり返済/主債務者に代わり返済をすること)に応じた次第であります。
(しかしながら/とは申しましても)、私としては(代位弁済に応じないことで給与の差し押さえなどの処理を取られてしまうと困る/自身の信用情報に傷をつけるのを回避する)ために成したことでありますので、ΟΟ様には、(必ずや肩代わりする債務について返済いただきたく存じます/今後は先日お約束した金額を確実に私に返済いたただきますようお願いいたします。
 
先日の(お便り/メール/ご相談/ご依頼)のお返事まで。
または
(取り急ぎ、/まずは)お返事まで申し上げます。

敬具/草々(書き手が女性の場合)

令和Ο年Ο月Ο日

ΟООΟ

ΟООΟ 様

破産/法的債務整理 謝罪への返事 文例(保証人から主債務者宛)

拝復 (メールを/お便り)(拝読さ/読ま)せていただきました。
または
(お電話/先日の(ご相談/お便り)/メールを読ん)でΟΟさんが(債務整理/破産の申し立て/民事再生を申し立てる)(と聞いて/知って/と聞かされて)(大変驚いています/しばらくはその現実を受け入れられませんでした/今尚動揺しております)。
または
(メール読んだよ。/メールの件、本当かよ?/破産するて本当か?)
または
(今日/昨日)、(ΟΟさんの破産申立(受理通知/の代理人となる旨の弁護士からの連絡)がありました。
 
(保証人になってしまったんだ/今更どうしようもない)から僕が(残りの借金を払っていく決心をしてよ/残金を代位返済することにしたよ)。
とはいえ、(返す返すも残念でしかたないよ/そんなに酷い状況だったことを教えてくれなかったのが残念でならないよ)。
または
どんなにお詫びをされても状況は変わらないからもういいよ。
連帯保証人になっている以上は仕方ないから僕が払うよ。
または
まさか(ОΟ君に限ってそんかことはないと信じていたけど/こんなことになるとは思ってもいなかったから驚いたけど)、(それが現実ですので/今は)僕が支払うしかない(と諦めたよ/決心がついたよ)。
または
私とはして、(自身で決めて/ΟΟ様を信じて)連帯保証人になった以上は、その責任は果た(ことは当然のことであり/さないといけませんので)、ОΟ銀行からの(片代わり返済/主債務者に代わり返済をすること)に応じた次第であります。
または
偏頗弁済になるから君に僕が肩代わりして借金を返してくれとは言わないが、このことは絶対に忘れれるなよ。そして、これからはもう少し(真面目に生きていけよ/お金の管理はきちんとしてくれな)。
または
こうなってしまった以上仕方ないので、ΟΟ様にはこの苦境を乗り越えられて生活の再建を果たされますようお願いいたします。
 
先日の(お便り/メール/ご相談/ご依頼)のお返事まで。
または
(取り急ぎ、/まずは)お返事まで申し上げます。
または
破産と免責が認められることと祈っとくよ。
または
今はただただ、ОΟ(様/さん)の破産手続きが恙無く終了して免責が受けられますこと祈るばかりです。

敬具/草々(書き手が女性の場合)

令和Ο年Ο月Ο日

ΟООΟ

ΟООΟ 様

関連文例&コンテンツ

文例一覧policy運営者情報免責事項