借金/連帯保証/身元保証 お断りへの返信状/返信メール 文例

借金/連帯保証/身元保証 お断りへの返信状/返信メール 文例 - 文例はそのままコピーしてご利用ください。 文例中には、文章作成に役立つ置き換え語句や文章を入れていますので、 ご自身の心情等にあった言葉や文章を選んで文を完成させてお使いください。

借金 お断りへの返信メール 文例(友達宛)


件名:(心配かけてすまないな/もう大丈夫だから心配しないで/嫌な思いさせてすない/気にしないでくださいね/〇〇何とかなったからもう気にするなよ/メール読みました/〇〇の件)


(〇〇さん/〇〇へ)
 
〇〇(君/さん)、(この前/お金の)ことで、(私/僕)が(不躾な/無理な)お願いをして、(君/〇〇さん)に(嫌な思いさせて/いらぬご心配をかけて)しまい、(深く反省いたしています/本当にすみませんでした)。
(本来なら身内にお願いしないといけないのを安易に/日頃仲良くしてくれている気安さで)〇〇(君/さん)に相談したのが悪いのだから(君/〇〇さん)は気にしないでください。
この前のことはどうか(お許し/忘れ)くださいお願いします。
そして、これから(も仲良くしてね/変わらず付き合ってください。お願いします)。
 
または
 
メール読みました。
(身内でもない君にお願いすることではないことだし、断るのは当然だから/あんなことお願いするした僕が悪いのだから君は)気にしないでね。
(他を当たってみます/やはり身内に相談するしかないと分かったよ)。
迷惑かけてすまなかったね。
それでは、また。
 
または
 
メールのこと本当にごめんなさい。
僕の(我がまま/つまらない意地)で君にまで迷惑かけてしまってすまなかったと反省しています。
(やはり親に相談することにしたから/嫁にきちんと話すことにしたから)もう(心配/気に)しないでくださいね。
それではまたね。
 
または
 
心配かけてすまなかったね。
取り敢えずは、(急場を凌いだ/何とかした)から(〇〇君/さん)もそのこのは忘れてください。
これに懲りないでこれからもよろしくたのむよ。
じゃまた。
 
*************************
      署名
*************************

関連文例一覧

連帯保証 お断りへの返信メール 文例(友達宛)


件名:(断るのは当たりだから気にしなでね/心配かけてすまないな/もう大丈夫だから心配しないで/嫌な思いさせてすない/気にしないでくださいね/保証人の件何とかしたからもう気にするなよ/メール読みました/〇〇の件)


(〇〇さん/〇〇へ)
 
〇〇(君/さん)、(この前/保証人)ことで、(私/僕)が無理なお願いしてしまい、本当にすみませんでした。
(本来なら身内に頼むのが筋なのに意地をはってしまって/日頃仲良くしてくれているのに甘えて)〇〇(君/さん)に相談したことで、君(をいろいろ悩ませた/に嫌な思いをさせた)と思うと、申し訳ない限りです。
保証人のことは、(素直に親に相談する/〇〇する/僕の方で何とかする)から(許し/忘れ)ください。
そして、これから(も仲良くしてね/変わらず友達でいてくださいね)。
 
または
 
メール読みました。
身内でもなかなか承諾してくれそうもないことを君にお願い(するなんて無茶/しているの)だから断るのは(当然だよね。/当たり前で、君が気にすることはないよ)。
それより、(無理/無茶/嫌)なことを(相談/持ちかけて)すまなかった。(心から謝るよ/本当にごめんなさい)。
(この前/保証人)のことは、(他を当たってみます/やはり身内に相談することにする)から(心配/君はもう気に)しないでくださいね。
それでは、また。
 
または
 
メールのこと本当にごめんなさい。
僕の(我がまま/つまらない意地)で君(を悩ませて/にまで迷惑かけて/に嫌な思いをさせて)しまってすまなかったと反省しています。
(やはり親に相談することにしたから/ローンを組んでまで買うのはやることにするから)もう(心配/気に)しないでくださいね。
いろいろ迷惑かけてすまなかったね。
それではまたね。
 
または
 
(この前/保証人)のことでは、迷惑かけてすまなかったね。
何とか(他の人/身内/〇〇)に保証人なってもらえる目処がついたから(〇〇君/さん)もそのこのは忘れてください。
嫌な思いをしたとのだろうけど、これに懲りないでこれからもよろしくたのむよ。
じゃまた。
 
*************************
      署名
*************************

借金 お断りへの返事 文例(目上の方宛)

拝復 〇〇の候、〇〇様におかれましてはますますご健勝のこととお慶び申し上げます。
さて、(この度は/先般の)ことでは、私が(不躾な/思慮を欠く)お願いをし、〇〇様に(嫌な思いさせて/いらぬご心配をかけて)しまいましたこと、深く(反省いたしております/お詫び申し上げます)。
または
(冠省/前略) (先日/先般/この度)のことでは、(いらぬご心配をおかけしてしまい/ご丁寧なお断りのお便り頂戴し/私のことを心配いただき/嫌な気持ちにさせてしまい)、(誠に申し訳なく思っております/心よりお詫び申し上げます)。
または
(冠省/前略) 早速ながら〇〇様には(先般の/私のお願いをお断りになった)ことを(気にかけて/気になさって/気に病まれて)おられるとお聞きしまして(メールをいたした次第です/お便りいたしました)。
または
(冠省/前略) 早速ではありますが、(ご丁寧な/先般にことでお詫びの/お願いいたしましたことに関するお断りの)(メールを/お便り)(拝読さ/読ま)せていただきました)。
 
この度のことは、(窮して/困り果てて)おりまして藁を掴む思いで(無分別/思慮の足りない/不躾な)(お願い/ことをしてしまい)深く反省しております。
または
日頃の〇〇(様/さん)の(優しさ/気安さ)につい甘えがあり、あのようなことを(お願い/申してしまい)、(申し訳なく思っております/今更ながら後悔しておる次第です。
または
(本来なら身内にお願いすべきことにもかかわらず/単に日頃仲良くしていただいているだけの)〇〇様にお金のご相談をしてしまい、〇〇様へ甚だ嫌な思いをさせてしまい、私の方こそ顔向けができず、申し訳ない気持で一杯であります。
または
(あの時/先日のこと)は、(突然のことに精神的にも/冷静に考えることもできない程までに精神が)不安定で(今では/何故)〇〇様にあのようなお願いをしてしまったことを(深く(後悔/反省)しております/恥じるばかりです)。
 
今回にのことは、ひとえに私が(甚だ不躾な/無理な)お願いをしたのでありまして、〇〇様が(気にする/気に病む)ころでもありまません。反対に私の方こそ謝らないといけないことでありまして、〇〇様にはどうかお気になさいませんようお願い申し上げます。
または
〇〇様には、(今回のことで気を悪くさせておられるとは存じますが、ご容赦/どうかこの度のご無礼をお許し)いただき、今後とも変わらぬご交誼を賜りますよう伏してお願い申し上げます。
または
先日のことは、(急場を凌ぎまして/何とかしたしました)ので、〇〇様にはどうかこのことはお忘れいたければ幸いに存じます。
または
先日のことは、誠に申し訳ございませんでした。どうか〇〇様には、先日のこと(をお許し/はお忘れ)いたただきますようお願い申し上げます。
または
尚、(あの件/先日)のことは(何とか/他の方に助けられて/(親戚に/身内に事情を話し)用立ててもらって)(凌げま/なりま)したので、もうご心配なさいませんようお願い申し上げます。
 
(お返事/お詫び)が遅れましたことのお詫びとご報告まで申し上げます。
または
(取り急ぎ/まずは)、お詫びまで申し上げます。
または
甚だ略儀ではありますが、先日の無礼の段お詫びまで申し上げます。

草々/敬具

令和〇年〇月〇日

〇〇〇〇

〇〇〇〇 様

- ▲をクリックで表示/非表示切替 -

連帯保証 お断りへの返事 文例(目上の方宛)▲

身元保証 お断りへの返事 文例(知人宛)▲

関連文例&コンテンツ

文例一覧policy運営者情報免責事項